業界常識はお客さまには非常識?

query_builder 2017/07/26
ブログ
2ce51dba

ハウスクリーニングに技術は必要か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼清掃業界の標準、常識は

実は利用者のお客さまには非常識が多い

 

当社が携わっている「ハウスクリーニング」は

依頼、利用されるお客さまからすると

分かり難い、見えにくい不透明な

ブラックボックス的な部分が少なくありません。

 

一例をあげて考えてみましょう。

 

「ハウスクリーニング」をビジネスモデルの
ブルーオーシャン戦略に当てはめて考えると

「ハウスクリーニング」における
業界標準となっている悪しき慣習

 

(ハードフロアケアでいえば、何でもかんでも
タンク付ポリッシャーから希釈したアルカリ洗剤を

施工作業する場所の床面へ直出しして
すぐにポリッシャー回す、といった
フロアケアの基礎理論、理屈からみて
根底から間違ってる見当違いな施工方法を
ビルメン業界では標準施工と推奨している、
ってのもありますが(^_^;) ここでは触れません)

 

それは何でもかんでも「事前見積もり」です。

 

例えば、極めて無駄極まりないのが
故障部位がない
「ルームエアコンクリーニングの見積もり」

・休みが取れない忙しいお客さまにとって

すぐにその場でクリーニングしてもらえない

 

・見積もりのみだとその日、その場でお金を生み出さない
・お客さんが施工希望される場所までの
往復の移動費、ガソリン代
→大多数の所では見積もりだけでは料金請求できない

 

・「見積もりの仕事をした」という無意味な自己満足と
名目上仕事をしたという大義名分

 

パッと考え付くだけでも3つも4つも

デメリットがあります。

 

ある程度経験値とノウハウ、機種に対して
製品知識エアコン自体の基本構造と
製品動作の仕組みを理解していれば
仮にどういった機種・メーカーの製品でも
「事前見積もりは不要」で対応ができますし
金額も予め設定しておけば
依頼するお客さんも不要な心配せずに済みます。

 

無論、事前見積もりが必要な施工作業もあります。
(床、カーペット、外壁、看板、業務用エアコンの
供給電源の配電盤位置など)

 

私の経験から基づく主観では
家庭用ルームエアコン、水回りに関しては
事前見積もりは不要と思います。

 

「それが当たり前でしょ?」や
「だって業界の常識じゃない」は
思考停止させて、脳を老化を早めます。

 

誰が決めたかも曖昧な『暗黙の了解的な常識』は
一度離れて疑って考え直すことも大切です。

 

 

 

お家のハウスクリーニングの

ご相談・ご依頼はプロのお掃除 

オフィスねこの手へ!(^^)/

記事検索

NEW

  • 【横浜市港北区 賃貸物件クリーニング】退去後の浴室床黒ずみ汚れ除去と再生クリーニング

    query_builder 2022/04/02
  • 【横浜市都筑区 ハウスクリーニング】トイレの尿石除去と換気扇除菌クリーニング

    query_builder 2022/04/02
  • 横浜でハウスクリーニングをお探しなら

    query_builder 2021/12/15
  • HPリニューアルのお知らせ

    query_builder 2021/12/15
  • デキるお掃除会社をカンタンに見分ける方法

    query_builder 2021/05/10

CATEGORY

ARCHIVE