無料出張地域:主に武蔵野、多摩地域を含む東京23区、神奈川と埼玉の一部区域

困った汚れをキレイに解決するプロ

ハウスクリーニング会社 オフィス ねこの手

電話受付時間:年中無休(20:00〜翌9:00は留守番対応)

営業時間 平日・及び土日祝日
朝9:00〜20:00

定休日 毎週水曜日

℡080-5011-6211

2015年11月09日

クリーニング後、普段行なっている道具の手入れ

466d2b77

お客様先にてクリーニング完了後は このようにして毎回道具や消耗品の 手入れを行ない、必要な道具・洗剤など 準備を整えて、次の現場である お客様宅に向けて、備えます。 シンプルなことですが、整理整頓 この基本のことがすごく大切です。

・汚れを落とす際、汚れる道具・消耗品

 

皆さま、いつも当ブログを拝読して頂き
ありがとうございます。

 

今回のブログは、前回までの内容が少し
専門的で小難しい内容になりつつあったので
もう少し気楽に読めるブログ内容に
してみようと思います。
今回はクリーニング後の道具の手入れです。

 

この仕事をしていると、
様々なお客様のお宅へ訪問させて頂く機会が多くなります。
当然各所の汚れの付着具合も様々なことはモチロン
様々なタイプの住宅設備
(タイマー付きレンジフード、給湯機能付き浴室、シャワー付きトイレなど)
に遭遇します。

 

余計な汚れを落とす、取り除く、のが当社の仕事の一部ですから
用途に合わせて、様々なものを使います。
汚れの成分ごとの洗剤を使います。
使用用途に適切な道具を使います。
消耗品を使います。

 

様々な汚れを落とす過程で、使う道具が汚れることがあります。
消耗品も汚れます。
使用できない、再利用できそうにない消耗品は破棄します。
お客様の財産である住宅設備の対象物から汚れを切り離すことが
目的ですから、道具・消耗品に汚れが移ります。

 

・道具・消耗品の手入れをする理由
再び使用できない消耗品は、やむを得ず破棄しますが
再利用可能なものはトコトンまで使い倒します。

 

道具や消耗品の手入れをすることに理由がいくつかあります。
・消耗品を毎回破棄するとコストがかかるため、購入コストが減る。

 

・毎回新たに消耗品を買い足す手間が減る。

 

・お客様先で付着した汚れを、次の現場に持ち越さずに済む
余計な作業ロスの削減につながる。

 

・手入れの際、漂白剤などを希釈して漬け置き洗いすることで
道具・消耗品に付着した臭いも取り除ける。

 

・消耗品も大切に使おう、という意識が高くなる。

 

これらの理由の中で、ウェイトが大きいものは
購入コストが減る、と汚れを次の現場に持ち込まない、の2つです。

 

ハウスクリーニングの仕事を始めたばかりの初心者や
道具の手入れをする習慣のない同業者なんかは
現場で道具・消耗品に付いた汚れを落とさずに汚れを次の現場に
持ち込んでいることが割と多くあるのですよね。
それは結果的に
作業時間のロスや余計な仕事を増やす要因につながっているのです。

 

基本中の基本、といえば、それまでですが
その基本の 次の現場に汚れを持ち越さない、持ち込まない!
が全然実践できていないところが、割と多くあるのも事実です。
私からみると、残念な仕事しているなぁ、と思いますが・・・。

 

 

 

・このブログのまとめ
ここまでのブログをまとめると
クリーニング後ごとに道具・消耗品を手入れする理由は
コスト削減、次の現場へ汚れを持ち込まない、ためですね。
その為に日頃の手入れは欠かせません。

19bc6ec3

主にレンジフードのシロッコファンや 浴室、トイレで使用頻度の高い 各種ケレンもクリーニング後の 汚れを拭き取るなどの毎回の手入れは 欠かせません。

ごあいさつ

代表 山下 晴重
やました はるしげ

皆さま、初めまして。
当社オフィスねこの手の
代表 山下晴重と申します。
よろしくお願いいたします。

ハウスクリーニングに
どういったイメージをお持ちですか?
ご自分で落とせない汚れだけ
落としてさっさと帰る
お掃除屋さん、
と思われていませんか?

当社は、もしかしたら
アナタがこれまでに
ご利用された他社さんや
漠然とイメージをされていた
ハウスクリーニングとは、
全く異なるものかも知れません。

当社は、
いつでも安心な価格体系や
サービスの内容を
ご利用されるアナタのために
分かりやすさにこだわっています。

ご利用されるアナタに
分かりやすくなければ
意味がありません。
サービスの価値とは
お客様である、アナタのために
あるものです。


アナタのおウチのお掃除で
お困りな事は何でも
お気軽にご相談下さい。
どのような些細な事でも
親切・丁寧にお答えします。