無料出張地域:主に武蔵野、多摩地域を含む東京23区、神奈川と埼玉の一部区域

困った汚れをキレイに解決するプロ

ハウスクリーニング会社 オフィス ねこの手

電話受付時間:年中無休(20:00〜翌9:00は留守番対応)

営業時間 平日・及び土日祝日
朝9:00〜20:00

定休日 毎週水曜日

℡080-5011-6211

2015年11月09日

顔が見えない会社に依頼が無いワケ

え?ホームページに会社のスタッフの 顔写真のせて無いの? いやいや、それは無いですわ~

え?アナタの選ぶハウスクリーニング会社のホームページにスタッフの顔写真が無いんですか? いやいや、それは無いですわ~ ( ̄д ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼未だ多数のハウスクリーニング会社が

犯し続ける “事業者目線”という最大のミス

今回のブログネタは、家の中のお掃除や
ハウスクリーニングを依頼する側、
いわば利用者側のお客さまの立場から考えた

話しをとり挙げたく思います。

 

同業他社のホームページを閲覧するときに
私がいつも意識している事があります。
それは、“(サービスを利用する)お客さま目線でみる
ということです。

 

お客さま目線でみると、

様々な面白いこと発見があります。
その中でもよーく目にするのが
ホームページのどのページを探しても、
“その会社・お店の代表者、店長、責任者の顔写真が無い
ということです。
その会社、お店ごとの独自の考え、事業理念、経営方針が
あるでしょうから、この場でとやかく言いません。
(そもそも事業理念や経営方針すらない会社は
いかがなものか?と疑問に思いますが)

 

しかし、私は違和感を感じざろう得ないのです。
お客さんにアピールするために、ホームページ作ってみて
その会社、お店の責任者の顔をのせることをうっかり忘れたのか、
そもそも画像の入れ方が分からないのか、
顔写真の画像を公開するのが恥ずかしいから、のせてないのか、
分かりませんが。

 

よく考えてもみて下さい。
ハウスクリーニングを提供する会社・お店を
利用するのは誰でしょうか?
その会社を作った人でしょうか?
そんな訳はありません。
ご利用をされるのは、
ご自宅の中のある部分のお掃除を

お金払って依頼したいと考えているお客さま

のはずです。

 

そのお客さんが、ホームページ上に

顔写真が無く、料金一覧と簡単な住所・連絡先
そして、その会社名・お店の名前だけしかのせてない
そんな会社の所に依頼するでしょうか?
私がお客さんなら1000%、絶対に依頼しません。
だって胡散臭すぎるからですよ。

 

 

▼お客さま目線で考えずに『依頼が無い…』と

頭を抱え込む奇妙な滑稽さ

だって、見ず知らずの会ったこともない
まして面識も無い、赤の他人を
自分の自宅に招き入れるんですよ?
幾ら自分では手に負えない所の掃除を依頼するとは言えどです。

 

お客さんの立場でちょっと考えれば、
(・どんな人がいるのかな?
・どんな会社、お店なのかな?
・どんな人が来る予定なのかな?
・どんなやり方をするのかな? どんな洗剤を使うのかな?
・どんな考え方を持った会社、お店なのかな? …etc )と
考え出したらキリが無いほど、お客さんの数だけ
お客さんは事前に様々な情報を知りたい、集めたいのです。

 

そこで、顔写真ものせて無いような
怪しいこと極まりない雰囲気を醸し出している所に
わざわざ電話かけたり
メール送ったりしますか?
私なら絶対しません。だって怪しいですから(笑)

 

つまり、顔写真だけ、ではもちろんありませんが、
その会社の情報を出来るだけ多く
お客さんや多くの方々に
情報開示していない会社、お店は
お客様目線には立っていない。
あくまで事業者目線でしかお客さんを見ていない。
だから、お客さんの気持ちも分からない。

 

どんな人が来るのか? が
前もって分からないような怪しすぎる
ホームページの会社に家の中のクリーニングを頼みますか?
私は絶対に頼みませんし
家の中に一歩も入れたくないです。
塩をかけて門前払いして追い返したくなります。

 

それで『お客さんから依頼が来ない』と
悩んでいるのは、なんとも奇妙で滑稽に映ります。
悩んでる暇があるなら
やることが山ほどあるでしょう?と思います。

 

 

▼ホームページはお客さまへ

自己紹介する、その会社の顔

ホームページへ会社の情報だけでなく、
責任者やスタッフの顔写真や仕事への想い、考え方、価値観など
様々なことを自己紹介することで
それをたまたまみた方やお客さんは関心を持ってくれる
・・・かも知れない。
顔写真をのせたからといって
誰しもが関心を示してくれる訳ではありません。

 

しかし、
○お客様のお宅に伺うスタッフの顔写真があるホームページ

 

○顔写真すらのせていない

簡単な連絡先、所在地、会社名だけのホームページ

 

この2つのどちらかを選ぶかといったら、
大多数の人は顔写真をのせてる方を選びますよね。

 

ハウスクリーニングに限らず
自分のご自宅に招き入れるサービスを利用される
お客様は、少なからず不安を抱えています。
(・変な人がきたら嫌だな…
・怖い人がきたら怖いな…
・感じ悪い人が来ないか、大丈夫かな…
・頼んだこと以外に後から要求されないかな…
・来た人に変な宗教に入会勧められないかな…
・訪問した人に変な高い壺を売りつけられないか、心配だな… )
(後半の2つは、ほとんどギャグですが…)
と、まぁ人は面識が無い
それとなく人となりが分からんような人と
会うまでは、様々な余計な不安が湧き上がるものです。

 

そのお客さんが抱える余計な不安を
事前に、分かりやすく、伝わりやすく、取り除くことが
ハウスクリーニング業の大事な仕事の1つであり、
広い意味で言えば
サービス業に携わる人間の責任でもあると思っています。

 

自分の会社、自分の事を積極的に
お客さんやわざわざアクセスしてくれた方へアピールすることで
お客さんの事も少しずつ見えてくる、こともあります。
そもそも顔写真公開するのが
恥ずかしい、とか言うのなら
今すぐサービス業を廃業した方が良いと私は思います。

 

要するに、何を言いたいのか?というと
少しでもお客さんの事を考えてるなら
会社、お店のホームページに
自分の顔写真と名前くらいは、のせておきましょう
ということです。
これをしてないところは、ただ単にハウスクリーニング会社
と名乗るだけの怪しいところにしか見えません。
お客さんの目には。

 

それがお客様への良心だと思います。

33a4d16a

サービス提供はご利用されるお客さんの目線に立って、考えた情報提供でありたいものです。

 

 

 

当社へクリーニングのご相談・お問合せはこちらから!

ごあいさつ

代表 山下 晴重
やました はるしげ

皆さま、初めまして。
当社オフィスねこの手の
代表 山下晴重と申します。
よろしくお願いいたします。

ハウスクリーニングに
どういったイメージをお持ちですか?
ご自分で落とせない汚れだけ
落としてさっさと帰る
お掃除屋さん、
と思われていませんか?

当社は、もしかしたら
アナタがこれまでに
ご利用された他社さんや
漠然とイメージをされていた
ハウスクリーニングとは、
全く異なるものかも知れません。

当社は、
いつでも安心な価格体系や
サービスの内容を
ご利用されるアナタのために
分かりやすさにこだわっています。

ご利用されるアナタに
分かりやすくなければ
意味がありません。
サービスの価値とは
お客様である、アナタのために
あるものです。


アナタのおウチのお掃除で
お困りな事は何でも
お気軽にご相談下さい。
どのような些細な事でも
親切・丁寧にお答えします。