無料出張地域:主に武蔵野、多摩地域を含む東京23区、神奈川と埼玉の一部区域

困った汚れをキレイに解決するプロ

ハウスクリーニング会社 オフィス ねこの手

電話受付時間:年中無休(20:00〜翌9:00は留守番対応)

営業時間 平日・及び土日祝日
朝9:00〜20:00

定休日 毎週水曜日

℡080-5011-6211

2020年01月04日

フレキシビリティと可能性

閃く女性 OL ヒント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020円新年あけまして

おめでとうございます。

本年も昨年同様に

オフィスねこの手を

よろしくお願いいたします。 

<(_ _)>

 

いつも多くの皆さま方に

当ブログをお読み下さり

ありがとうございます。

 

東京は西東京の府中市から

武蔵野、多摩地域をはじめに

東京都内の23区内外及び

神奈川・埼玉の一部地域へ

出張型メンテナンス視点の

クリーニングサービスを提供中の

オフィスねこの手 の山下です。

 

2020年年明け早々のブログは

お掃除のやり方ノウハウではなく

清掃業(清掃業だけに限りませんが)

に携わる仕事をされている方々向けの

私自身が考える

清掃・クリーニングの仕事や

事業の考え方や捉え方について

本ブログを通して一提案として

参考ひいては共感をして頂けたら

幸いです。

 

尚、この先のブログ内容は単なる

「正しい」「間違い」といった

短絡的な二分法で論じて

私個人の主観で決めつける内容では

無い事をくれぐれも誤解無きよう

お願いいたします。

あくまで私一個人が考えて提案する

【一つの考え方】として読み進めて

捉えて頂けたらと思います。

 

読む方によって本ブログ内容の

感じ方、捉え方は正に千差万別。

読む方によっては

心外に思われる方も

おられるかも知れません

是非寛容なお気持ちで

読んで下さると嬉しく思います。

 

 

 

▽クリーニングで領域に特化した

専門性を極める【エキスパート】と

様々な目的や手段に応じて柔軟に

対応する【ゼネラリスト】との違い

 

手前味噌で大変恐縮ではありますが

2020年11月上旬を以って

当社オフィスねこの手は開業後

丸7年目を迎えることになります。

開業当初よりお陰さまで

常連のお客さまも随分多くなりました。

 

経済産業省HP 「中小企業白書データ」

によれば

新たに設立された会社、個人事業が

開業後に1年後に存続の確率は約72%

開業後3年後に存続の確率は約50%

5年後に存続の確率は約40%

そして10年後に存続の確率は約26%。

 

これ等の客観的なデータから見ても

そこそこの小さな成功は果たしたと

言えると思います。

 

小さいながらここまで存続できた

大きな要因は、長く途切れる事無く

非常に多くの数多くのお客さま方に

ご利用ご愛顧下さった事が

理由なのは紛れもない事実です。

何故ならば、幾ら私が宣伝しても

サービス提供をしたくてもそれを

【利用して下さる方々が

そもそも居なければ

事業存続も生存もあったものでは

到底ありません。】

 

ですが、より突っ込んで

私見を入れずに出来るだけ客観的に

清掃・クリーニング代行業の

此の仕事を存続できた要因を分析しました。

その要因を一言で言い表すと

フレキシビリティ(柔軟性、融通性)

にあるのかと思います。

 

 

話しが少々横道に逸れますが

この仕事に携わっていると

同業者の方関連業種、事業の方を含め

多くの方とお会いする機会に

恵まれました。

その中で主観的に強く感じた事は

その方が携わっている仕事が

非常に1つの領域に特化して

専門性を極めるエキスパート

スペシャリストの傾向の方が

とても多いなと感じた事です。

 

例えば、エアコンなら

エアコン専門のクリーニング

ハードフロアの石床なら

石床専門のクリーニング

窓ガラスなら

ガラス専門のクリーニング

浴室コーティングなら

浴室コーティング専門の

クリーニングなど…。

ここで誤解して貰いたくないのは

何も私は或る領域のクリーニングを

専門的に特化して事業として

やっている事を

非難や批判する訳では

断じて無いという事です。

 

寧ろお客さまからご依頼の需要があり

年間を通して着実にバラつきなく

営業利益があるのならそれは

とても素晴らしいと思います。

 

 

因みに私自身は

自分を職人と思った事は

1度もありません。

お客さまや他の方が

「私をどう捉えるか?」は

個々の自由ですから

私を職人と捉えたい方は

そう捉えて貰って構いません。

 

私自身はクリーニングにおいて

ある特定の領域に特化した

エキスパート、スペシャリスト

(専門家)は目指していません。

私はゼネラリスト

(保有する知識・技術の能力が

広範囲で多方面に渡る人)を

目指し仕事に取り組んできました。

 

 

話しを本筋へ戻します。

 

或る一つの領域を突き詰めて

専門的に特化して極めてゆく

エキスパート、スペシャリストにも

強みや利点はあります。

クリーニングという仕事の

力量、技能においては

その人にしか真似が出来ない

他の誰にも真似が出来ない

強烈な強みがあります。

しかし、デメリットをいうと

その人が不得手とするクリーニングは

他を圧倒する程の力量、技能は

持ち得てないとも言い換えられます。

 

 

私たちが生きる今の時代は

10年ふた昔、5年ひと昔と云える

非常に時代の変化が激しい

いやより激しく変わりゆく時代です。

昨日まで最新の技術やテクノロジーが

明日には目新しくない陳腐化する

と言われる程、変化が激しい時代です。

 

これ程変化が目まぐるしい時代に

一つの領域のみに特化した技能の

クリーニング1本に絞って挑むのは

どうでしょう?

本当に賢明と云い切れるでしょうか?

 

私は臆病で小心者な人間ですので

クリーニングでも1つの事に絞って

勝負するのは開業前から不安で不安で

仕方がありませんでした。

何故なら、自分が一番自信ある

『1つだけのエキスパートな事』が

もしも全くうまく行かなかったり

誰にも受け入れられなかったら…

大失敗するリスクを考えると

恐ろしくて不眠症になる位です。

 

 

何故エキスパート、スペシャリストではなく

ゼネラリストの方が利点があり

目指そうと考えたか?

それは私自身が実際に現場で施工する

1プレイヤーでありつつも

仕事、事業を管理しなくてはいけません。

プレイングマネジャーの役割も持つので

1つの事に特化した職人的なエキスパートより

幅広く対応できるゼネラリストの部分を

事業経営において求められたからです。

 

仮に私がある会社、組織に所属して

雇われる側の立場なら

1つのクリーニングに専門的に特化した

エキスパートでも十分でしょう。

ですが、事業経営となると

1プレイヤーの考え方では不十分で

広範囲で多角的な視点が

より必要とされます。

 

事業を始めた当初はお客さまが

在宅されているハウスクリーニングの

仕事からスタートしました。

その後、過程においてお客さまの

様々な多種多様なご要望を即決即断で

『できません。』と無下にお断りせず

融通性・柔軟性をもって対応し続けた事が

結果として2020年年明けを迎えられた

当社の存続要因のもう一つの理由と思います。

 

 

 

 

▽クリーニングにおける

ポートフォリオとリスクヘッジ

 

日進月歩どころか秒進分歩と言える程

時代の変化が目まぐるしい今において

ある一つの領域に特化したエキスパート

スペシャリストの道だけでは

リスクが高い点を述べてゆきます。

 

私も開業前から非常に懸念していた

「1つの事に特化して絞り込んだ

クリーニングがもしも大失敗したら」

という大きな心理的リスクが

先ず考えられます。

 

そしてもう一つが

機会損失のリスクの増加です。

機会損失とは、最大の利益を得る

決定を決断しなかった事で

得られなかった損失の事です。

 

 

分かりやすい例えると…

 

アナタはコンビニのオーナーとします。

ある日の天気予報で

午後から大きく天気が崩れて

土砂降りの予報が報じられました。

そこでアナタは

(どうせ天気予報なんて

アテにならないだろう・・・)と

傘やレイングッズを

新たに発注することなく

残り少ない在庫分だけを

並べて店頭販売しました。

アナタの予想を大きく覆して

 

ところが、アナタのコンビニの

お店へ急な土砂降りで

ずぶ濡れになってしまい困って

慌てて駆け込んできた

お客さんで殺到しました。

しかし、在庫もほぼ無く

新たに発注もしなかった為

今から傘を発注しても既に手遅れ。

折角来店された多くのお客さんは

仕方なくそそくさと足早に

他の店へ移りました。

 

予め多くの来店客を見込んで

発注しておけば売れていた

傘やレイングッズの売上げ金額は

損失してしまいました。

これが機会損失です。

 

 

そこでクリーニングにおける

ポートフォリオとリスクヘッジの

考え方です。

 

本来ポートフォリオやリスクヘッジ

という単語は、金融業界や株式投資の

世界で使われていた単語ですが

ビジネスの世界でも使われています。

 

カタカナ英語の単語なので

何を言ってるのか?よく分からん!

という方もおられると思いますので

分かりやすい日本語の説明分で

下へ置き換えます。

 

ポートフォリオは

保有する財産を1か所だけに

投資せずに万一の事態を

想定して財産を分散して投資すること

又は分散の組み合わせを指します。

 

よく一般的に例えられる例として

持っている10個の卵を

ある1つのかごへ全て入れてしまうと

万一そのかごが落ちた時に

10個全ての卵が割れてしまいます。

でも、卵を4個はあるかご

別の3個は別のかご

残り3個は他の別のかごと

それぞれ異なる別のかごに入れておけば

例えその1つのかごを落とたとしても

他の卵は割れずに済みます。

 

こういった考え方、理論を

ポートフォリオと言います。

 

リスクヘッジは

実際に起こりうるリスクの程度を予測して

リスクに対応できる体制を取っておいて

事前に備える事です。

これも金融業界の言葉ですが

今ではビジネスの様々な現場でも

使われています。

 

 

クリーニングビジネスにおける

ポートフォリオとは

一つのサービスだけに絞り込まずに

顧客ニーズが見込まれるサービスを

ある程度準備をしておいて

そのクリーニングのニーズがあれば

それに応じて提供をする考え方です。

クリーニングに置き換えるならば

夏の7〜9月はエアコン、水回りの

クリーニングが集中する時期は

そのニーズに応えて

その時期が過ぎたら別のクリーニングを

提供できるように準備を進める

といった具合です。

 

これはリスクヘッジにもつながります。

 

例えば

ある年の夏場に気温が高くなる猛暑を

見込んでいたのに

その年は台風が立て続けに上陸して

異例の冷夏が続く恐れがあるとすると…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

寒い夏場にわざわざエアコンを

冷房運転で使う人は大幅に減ります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

エアコンの使用機会が減る事も

予測されるので使用機会が減る事で

エアコンの臭い、汚れに気づく

機会も減ります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それ等の理由で

エアコンクリーニングの

依頼者数も大幅に減ってしまい

結果的に営業利益が減少します。

 

それを予め見越しておいて

夏場にエアコン、浴室の水回り以外に

お客さまに需要がありそうな

他のクリーニングサービスの

準備ができれば

突発的な気象影響による

顧客の心理的ニーズの変化にも

対応する事が可能になります。

 

これがクリーニングにおける

リスクを予測してリスク対応できる

準備を整えるリスクヘッジと言えます。

 

 

 

▽フレキシビリティ

(柔軟性・融通性)と

パリュープロポジションの重要性

 

クリーニングの仕事においても

様々なフレキシビリティ

(柔軟性・融通性)の考え方、視点で

考え直してみるのは非常に大切です。

何故ならば今まで見落としていた

気づきやヒントのキッカケを

得られる可能性があるからです。

 

 

マーケティング理論の考え方で言うと

バリュープロポジション

というものです。

アナタのお客さまが望んでいて

それに対して他の競合他社では

提供できないサービス・商品で

アナタの会社なら提供できる

サービス・商品の事を指します。

 

もっと平易に言い換えると

リピーターや常連のお客さまが

アナタの会社・お店から

クリーニングサービスを利用する理由 

です。

(参考文献:

100円のコーラを1000円で売る方法

原作 永井孝尚  作画  阿部花次郎より一部引用)

 

このバリュープロポジションの視点で

『本当にお客さまが求めていて

自分たちでは気づいてない意味や

価値は何なのか?』

を洞察する事は清掃業

クリーニングの仕事に限らず

とても大切な考え方です。

 

バリュープロポジションの視点で

私たちに身近なもので大ヒットした

商品・サービスといえば

Apple iphoneやUberなどが

ありますよね。

 

Apple iphoneは、

電話は専用の電話機を使って

通信設備を使わないと電話ができない

といった固定観念を根底から壊した

携帯型で多機能を備えた

フレキシブルな通信機器とです。

Uberは、

タクシーはタクシー会社が配車する

不特定多数の偶発的に捕まえた

車両でないとタクシーの役割を果たさない

概念を根本から覆した配車サービスです。

タクシー会社ではない一般の人が自分の

自家用の車両をタクシーとして活用して

お客さんの乗客を乗せ任意の目的地へ運ぶ

タクシーよりフレキシブルなサービスです。

 

 

話しを本題へ戻しましょう。

 

お家、建物のクリーニングにおいても

「ウチは空き室クリーニング専門だから…」

「ウチはハウスクリーニング一筋だから…」

もそれはそれで結構ですが

それだけに狭窄的に捉われ過ぎでは

お客さま自身でも盲点な気づきや

ヒントを見落としてしまいます。

 

今提供されてるクリーニングサービスに

普段から慣れてきってしまってる

考え方、視点から少し違った角度で

見直して再考されてはいかがでしょう?

 

案外いつもご利用されてるお客さまも

「あの掃除屋さんは空き室専門だから

ハウスクリーニング専門だから…」と

他にもアナタの会社に相談したい事が

あるのに、相談できずにいる

かも知れません。

 

節操なくフレキシブルに何でもござれの

精神で挑戦してみる事で

新たな仕事のビジネスチャンスや

思わぬ事業拡大の可能性が開ける

かも知れませんしね。

 

 

言い尽くされてきた言葉ですが

「宝くじは買わなければ当たらない」

とよく言われるように

端からどうせ無駄と行動せずに

諦めていては何も起こりません。

 

多くのお客さまに必要とされる

生活インフラサービスのクリーニングが

多くの会社、事業されている方に

求められてより拡大してゆく事を

願ってやみません。

 

 

これからも皆さまの暮らしを

ちょっと良くする活きた

おそうじ関連の情報の発信します♪

(*’▽’)/

 

 

 

 

 

ごあいさつ

代表 山下 晴重
やました はるしげ

皆さま、初めまして。
当社オフィスねこの手の
代表 山下晴重と申します。
よろしくお願いいたします。

ハウスクリーニングに
どういったイメージをお持ちですか?
ご自分で落とせない汚れだけ
落としてさっさと帰る
お掃除屋さん、
と思われていませんか?

当社は、もしかしたら
アナタがこれまでに
ご利用された他社さんや
漠然とイメージをされていた
ハウスクリーニングとは、
全く異なるものかも知れません。

当社は、
いつでも安心な価格体系や
サービスの内容を
ご利用されるアナタのために
分かりやすさにこだわっています。

ご利用されるアナタに
分かりやすくなければ
意味がありません。
サービスの価値とは
お客様である、アナタのために
あるものです。


アナタのおウチのお掃除で
お困りな事は何でも
お気軽にご相談下さい。
どのような些細な事でも
親切・丁寧にお答えします。