無料出張地域:主に武蔵野、多摩地域を含む東京23区、神奈川と埼玉の一部区域

困った汚れをキレイに解決するプロ

ハウスクリーニング会社 オフィス ねこの手

電話受付時間:年中無休(20:00〜翌9:00は留守番対応)

営業時間 平日・及び土日祝日
朝9:00〜20:00

定休日 毎週水曜日

℡080-5011-6211

2019年12月14日

持続的なクリーニングは時短になる

b23bb79f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【持続的なクリーニングこそが

⇒結果的に働く人の時短になる】

 

いつも多くの皆様方に

当ブログをお読みいただき

ありがとうございます。

 

東京は西東京の府中市から

武蔵野、多摩地域をはじめに

東京都内の23区内外及び

神奈川・埼玉の一部地域へ

出張型メンテナンス視点の

クリーニングサービスを提供している

オフィスねこの手 の山下です。

 

 

働き方改革について私なりに思った事を

お家・建物のクリーニングに関連させて

以下のブログにまとめてみたいと思います。

 

 

元号が令和になる以前に
ニュースになってましたが
政府が発表した「働き方改革」
どうでしょう?
実際に皆さまのお仕事、職場で

以下の様な実感できた「働き方改革」は

ありましたか?

 

・以前よりも格段に残業時間が減った
・ワークシェアリングが活用されてる
・前よりも働く負担が減って
働きやすくなった。

家族と過ごす時間が増えた。

など目に見えた効果は出てますか?

 

前よりも良くなった方もいれば
そうでもないという方もおられるでしょう。

政府が働き方改革、働き方改革と
声高に推し進めていました。

 

ですが、
「じゃあ具体的に働き方改革する為に
何をどうするの?」がどうにもはっきりせず
どうも「働き方改革」という言葉だけが
独り歩きしてしまって

実態として中身を伴ってない様な
印象を私は感じています。
(多くの方が働き方改革って
具体的に何をどうすれば良いの?が
良くわからない、という
ご意見が恐らく多いと思います。)

 

 

本題から話しが逸れましたが
ここから本題です。

 

お掃除、クリーニングの
働き方改革にあたる
具体的に仕事を依頼される方にも
その仕事を請け負う人にも
互いにメリットが生まれる
「働き方改革」を提案したいと思います。

 

それは持続的、継続的なクリーニング

の実践です。

 

私、オフィスねこの手の代表でありつつ
現場作業者として対応しています。
ご依頼者さまの数多くのご自宅、現場へ
伺って拝見し続けてきました。

 

その経験の中から気づいた事の
幾つかの内のその1つは
初めて行う1回目より➡️2回目
2回目より➡️3回目……と
持続的かつ継続的に

ある一定間隔で行なうクリーニングの
お宅、ご依頼先に関しては
確実に施工にかかる時間が
徐々に短くなってゆきます。

 

コレは繰り返し行う事の

身体の体感的な慣れも

多少あると思いますが
それより大きな要因は
初回作業にかかる時間よりも
ある定期的で、ある一定の期間で
繰り返し行われる2回目の方が
蓄積した(若しくは堆積した)
汚れの厚み汚れの層が
確実に薄くなっているからです。

 

 

フロアメンテナンスの例に挙げると

コンポジションタイルのフロア
(俗によく言われるPタイル)の
樹脂ワックスのコート剤の
メンテナンス管理や
ワックス剤の剥離作業をされる方は
よくお分かりになると思いますが
何年も蓄積した床のワックスよりも
管理し始めてからの状態の方が
格段に作業しやすくなります。

 

コレは床面に対してどの位の
膜厚で何層コート剤を塗布して
管理しているか?がハッキリと
掴めているから作業がしやすく
ラクになっていくからです。

 

 

同様にハウスクリーニングにおいても
同じ事が言えます。
私個人の体感的ではありますが

全く初めて伺うお客様のお宅よりも
ある一定の周期で繰り返し
伺っているリピーターさまのお宅の方が
同じようなクリーニング作業でも
確実にかかる時間は短くなります。

 

 

長々と書いてきましたが
「要はオマエは何を言いたいんだ?!」

というと
1回目より2回目

2回目より3回目と
クリーニングする時間の間隔を
ひらき過ぎずに行うクリーニングは
ご依頼を請け負う側の働く人も
ご依頼する依頼主の方も
時短になるという事です。

 

 

クリーニング作業の時間が
時短になれば
➡️働く人の肉体的精神的負担が軽くなります
➡️所要時間、終了予定時間がある程度
分かり可視化されるので
予定が立てやすくなります

 

➡️勤務時間が早く切り上がれば
ご家族との時間や余暇にあてる事もできます

 

一方ご依頼される側の方も
➡️初回よりも立ち会う時間が繰り上がり
予定を立てやすくなります

 

➡️クリーニングの終了見込み時間も
把握しやすくなるので
ご予定ご都合をつけやすくなります

 

➡️早めの夕食の支度やお風呂、トイレの
ご使用がしやすくなります

 

これに付随してもう1つのメリットは

同じ会社・業者・事業者へ任せ続ければ
サービス品質の均一化、信頼コストの減少
様々な余分な心理的不安の払拭が
もたらされます。

 

補足としてお伝えしますと

意外とお気づきになられてない方も

割と多いかも知れませんが

毎回クリーニングを依頼する会社・業者を

その都度その都度違う所へ依頼すると…

 

・クリーニング後の仕上がりの

品質が均一化されない

➡作業者毎の技量の差が仕上がりに出るため

依頼主側の満足度にバラつきが起こりやすい

 

・依頼先の会社により価格、料金設定が

異なり支払う金額の経済的損得が発生する

➡クリーニング後の仕上がり結果に対しての

支払う価格との心理的バランスが安定しない

 

・毎回依頼する会社・業者が異なると

対人的信頼コストが高くなる

➡複数回依頼している会社・業者の人より

「(この人に)任せて大丈夫だろうか?」

という心理的不安要素が増える

 

というデメリットが起こりうる

可能性があります。

 

 

 

このブログのここまでをまとめますと
継続的持続的なクリーニングの習慣化は
依頼される方にも

その依頼を請け負い仕事する人にも
双方に時短効果が生まれて
互いにWin-Winな関係性になりうる

可能性が高いということです。

 

どうでしょう?
これって何の具体性を示さない
働き方改革より
目にみえて分かりやすく時短効果のある
働き方改革とは言えませんか?

改革の意味は、従来の制度や体制を

改めて内部に変化をもたらすこと

より良いモノへ改善することです。

 

 

私が考える働き方改革は
改革などと仰々しく大層な言葉を使って
美辞麗句を並べたてて

実態の伴わない理想論ではなく
仕事を任せる人にも
仕事を引き受ける人にも
実際に実践できて目にみえた形で
分かりやすい答えが出せる事
ではないのかな? と思います。

 

法律や条例を変える様な

大袈裟なことでなくて

これまでのやり方、方法、考え方を

少し変えて結果として

良い方向に変わってゆけば

働き方を改革しなくても

少し変化するだけで十分だと思いますね。

 

 

これからも皆さまの暮らしを

ちょっと良くする活きた

おそうじ関連の情報の発信します♪

(*’▽’)/

 

 

 

 

ごあいさつ

代表 山下 晴重
やました はるしげ

皆さま、初めまして。
当社オフィスねこの手の
代表 山下晴重と申します。
よろしくお願いいたします。

ハウスクリーニングに
どういったイメージをお持ちですか?
ご自分で落とせない汚れだけ
落としてさっさと帰る
お掃除屋さん、
と思われていませんか?

当社は、もしかしたら
アナタがこれまでに
ご利用された他社さんや
漠然とイメージをされていた
ハウスクリーニングとは、
全く異なるものかも知れません。

当社は、
いつでも安心な価格体系や
サービスの内容を
ご利用されるアナタのために
分かりやすさにこだわっています。

ご利用されるアナタに
分かりやすくなければ
意味がありません。
サービスの価値とは
お客様である、アナタのために
あるものです。


アナタのおウチのお掃除で
お困りな事は何でも
お気軽にご相談下さい。
どのような些細な事でも
親切・丁寧にお答えします。