無料出張地域:主に武蔵野、多摩地域を含む東京23区、神奈川と埼玉の一部区域

困った汚れをキレイに解決するプロ

ハウスクリーニング会社 オフィス ねこの手

電話受付時間:年中無休(20:00〜翌9:00は留守番対応)

営業時間 平日・及び土日祝日
朝9:00〜20:00

定休日 毎週水曜日

℡080-5011-6211

2019年03月27日

おそうじの起源って何でしょう?

▽おそうじの起源ってなに?

 

 

換気扇のファンをおそうじする女性 イラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも当社オフィスねこの手の

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

ハウスクリーニングはもとより

賃貸物件の退去後の空室原状回復清掃、

事務所・店舗・スタジオの定期清掃、

ソファー/カーペットクリーニングなどを

行なっています、

環境メンテナンス・クリーニング

オフィスねこの手の山下です。

 

 

最近私は、色々なことの根源や起源とは

一体何なのか?

どういうことなのか?について

強い関心、いえ知りたい好奇心に

とても興味が湧いています。

 

例えば下の様なことに関心があります。

 

洗剤の界面活性剤の起源って?

界面活性剤が発見されたキッカケは?

そもそも水とは一体なんなの?

というか、時間って何?

じゃ、生きるって何?

死ぬってどういう事なの? などなど…

(なぜなぜ坊やのような知りたがり病ですね  (^ ^;))

 

と、私の与太話しはさておき

話しの流れ上、ついでなので

【おそうじの起源って一体なんなの?】

という事をちょっと考えてみたいと

思います。

 

 

今や外を一歩を歩けば

毎日誰しもがスマホの画面を

何時間もにらめっこし続けてる人たちで

どこもかしこも溢れかえっています。

何でもスマホやPCの画面上で

検索エンジンを立ち上げて

その時気になる、知りたいワードを

検索すれば、(それに)関連する

参考情報が瞬時に表示されて

情報が手に入ってしまう

そんな時代です。

 

たまには何でもかんでも

検索画面に頼りっきりにせず

ご自分の頭の体操がてら

「そういえば〇〇って

どうして△△なんだろう?」と

考えるのも大事だとおもいませんか?

 

 

さて、皆さまはおそうじのそもそもの

起源、発端って何だと思いますか?

 

単に汚れた所を落とすため?

誰かを招き入れる前に少しでも

印象と体裁を良くしておくため?

キレイに保って長持ちさせるため?

家電の省エネ、節電のため?

恐らく十人十色の答えがあると思います。

 

私の私見で推測をするに

おそうじの起源、起源とは

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ 

人々が病の元の様々な病原菌や疫病を

生活する場や空間から出来る限り

遠ざけたり排除をして

身体の健康を守り、家族を病から守り

安全を確保して安心を得るために

行なわれた行為ではなかろうか?

と思っています。

 

私がこのように推測するカギは

時代ごとに変化、推移していった

人の生活環境や衛生状態がキッカケに

あったからでは?と考えたからです。

 

 

▽掃除によって病や疫病を排除する事で

人々は健康で清潔な生活空間を獲得した

 

ボランティアで町の清掃する人たち イラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはあくまで私一個人の憶測ですが

かつて今の私たちの時代ほど

まだ生活空間や生活環境において

清潔な衛生観念の意識低かったり

医療技術が進歩していなかった遥か昔の時代。

 

恐らくは今ほど生活の身の回りを

清潔に保つ事が、直接的・間接的に

自分と家族の健康に繋がるという事が

まだ理解されていなかった時代では

住居の家の中の暮らしも

決して衛生的とは言えなかった

のではないでしょうか?

 

国ごとの地形や水源の近さにも

因るとは思いますが

外出先から家に帰宅したら

手洗い、うがいは今でこそ

当たり前な習慣として

多くの人が理解しています。

 

太古の昔の時代では、今ほどきっと

手を清潔に洗って清めたり、

口の中や喉周辺をうがいですすぐのが

習慣として定着していなかった時代。

様々な流行病や疫病がまん延していたと

考えるのは難しくありません。

ましてや近くに海、湖、川などの

水源の無い地域によっては

水は極めて貴重な資源だったはずです。

 

 

今ならちょっと風邪気味かな?と

感じたらかかりつけのお医者さんに

診てもらう事が出来ますが、

今よりもずっとお医者さんが不足して

医療技術もまだまだ発展していなかった時代。

 

今ではその症状にあった処方された

薬を飲んで安静にしていれば完治する病気も

治す事すら叶わなかった頃では

深刻な病でさえあったのかも知れません。

 

それにつけ加え

トイレの水洗設備と下水道管設備の

飛躍的な向上も関連している部分も

あったのでは?と思われます。

 

何故なら今ではどの家庭でも

普及率が高い水洗トイレも

(現在でも一部地域ではありますが)

かつては汲み取り式のトイレでした。

当然排泄物を衛生的に除去したり

掃除で清潔にメンテナンスされなけば

腐敗臭、悪臭、病原菌や疫病がまん延する

根源となり得たはずです。

 

 

今ほど多くの人たちに衛生の知識が

広まってなかった時代においては

汚れやすく様々な病の菌の温床となる

トイレやお手洗いの掃除の重要性、

病原菌や疫病が広まる原因とは

気付かずにいたままかも。

病や疫病に感染して衛生の知識も

医療技術も遅れていた遥か昔では

その土地土地での

祈祷師やシャーマンに頼んで

ひたすら祈って神頼みで治る事を

本気で信じていた時代が

かつてはあったはずです。

 

 

それだからこそ

科学的、科学的な見地に基づいた

公衆での衛生観念を多くの人たちへ

生活をする上で大切な知識を広めて

汚れやすい公衆のトイレを

衛生的に保つため掃除することで

地域で暮らす人々の健康維持のために

腐敗しやすく病原菌や疫病

発生源の元排除して、遠ざけるため

「そうじする」という行為が

生まれた起源ではないか?と

推測しています。

 

 

人が社会生活を送る上で

文化的かつ衛生的に健康でいるために

そうじという行為が生まれて

やがて公衆衛生上にも有効と分かり

より清掃、そうじの必要性が広まり

徐々に定着していった、

のではないでしょうか?

 

 

そうじとは、

人々が疫病や疾病の危険から

身体と健康を守るために広まり

やがて世界各地へ拡がってゆき

私たちが生活する住居という「家」で

安全かつ衛生的に生活空間を獲得して

心の安心を得るために行ない続けて来た

人の知恵と工夫がつまった習慣の1つ

と思いませんか?

 

 

▽おそうじは人が人らしく生きるための

無くてはならない大切な習慣の1つ

 

眠る赤ちゃんとほほ笑むお母さん イラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少々私事で当ブログの内容と

脱線して申し訳ありませんが

私なりのそうじに対する考え方が

お伝えできればな、と思います。

 

「なぜアンタはそうじの仕事をしてるの?」

 

と、もしも聞かれたら

 

「どこかの誰かがやらなければ

いけない事だから、その代わりに

私がやっているだけです。」

 

としか答えられないと思います。

 

正直贔屓目(ひいきめ)に見ても

清掃業界、つまり掃除の仕事は

(ビルメン、ハウスクリーニング等含めて)

今の日本社会の中の職業の中において

かなり低くみられています。

仕事内容、仕事の負担量、地位から見ても

相当低すぎると言っても

全く言い過ぎではありません。

 

 

恐らく子どもたちが瞳をキラキラさせて

こぞって憧れて夢見て

成りたがる職業、ではないでしょう。

残念な事に他の業種と比べても

多くの方々が(無論私を含めて)

仕事に見合っただけの

収入を得ているとは言えません。

身体と頭を酷使するタフな局面の

仕事、作業も山の様にあります。

 

現状においては、

全くもって割の合わない仕事と

考える方も少ないないと思います。

単純に貰える給料や収入の高さだけで

物事を切り捨てて考えて

仕事を選ぶなら

もっと多くの収入を得られる

他の職業もあるでしょう。

 

仕事の価値、意味の重さは

得られる収入や賃金の高さだけで

はかれるほど単純なものでも

簡単なものでもありません。

決して負け惜しみでなく (笑)

 

仮に、お掃除・クリーニングの仕事が

世の中や人の暮らしに不必要で

無くても困らない仕事だとするなら

とうの遥か昔に消失してるはずです。

 

ですが、現実はどうでしょう?

 

2019年現在でも残り続けています。

(個々の会社、事業者単位での様々な

理由において廃業、休業という理由は

ここでは抜きして

社会全体の中での仕事、としてです)

それどころか今後益々必要とされる

ニーズはあると思われます。

明らかに不必要な仕事どころか

無くてはならない仕事と

言って良いと言えませんか?

 

 

ご依頼された場所、機器、設備の

クリーニングを行なってお引渡しした

仕上がりをご覧になったお客さまから

お褒めいただいたり感謝されれば、

私も人間ですから

もちろん嬉しいです。

 

ですが、なにも毎回お客さまから

称賛や承認をして欲しさのために

掃除の仕事を続けてきた訳ではありません。

 

『困っている方や世の中で

掃除を必要としている方がいる限り

それに出来る限り応えて

自分に出来る事をやっていく。」

シンプルに、ただそれだけです。

 

お掃除の仕事は大変ですし

楽して出来る仕事ではありません。

むしろ大変な事だらけかも知れません(笑)

それでもお掃除、クリーニングの仕事は

この先の将来も無くならないでしょう。

 

古の時代に

病や疫病から自分と家族の身体と

健康を守るための健康への意識が、

住居、店舗、職場の美観維持のため

住宅用設備機器や空調機器の省エネのため

商業施設・店舗へ来客するお客さまへの

印象を上げるため、

医療施設・医療機関内に入院、来院される

患者さんへの安全とクリンネス向上のため

 

と様々な意味や理由を伴って

おそうじ、クリーニングは

進化を遂げ続けています。今現在も。

 

 

例えどれ程にAIが進化して人の仕事の

代わりを担える時代が訪れたとしても

AIを搭載したロボットやアンドロイドが

おそうじ、クリーニングの仕事の

全てを担うのは恐らく無いと思います。

(床や壁の平面の形状においては

段階的にAIへ任せる形になると思いますが)

 

それはなぜならば

人が人らしく健康かつ衛生的な環境で

世の中に、社会に関わって生きるために

掃除を通してお役に立てたり

お手伝いができるのは

ぞれはAIではなく

他ならぬ血の通った

生身の人にしか出来ない仕事だから

と私は考えます。

 

人は自分のため、誰かのために

行なった他の誰かの仕事を

何らかの意味や価値を考え感じる

社会的な存在だからです。

 

 

 

アナタがお困りの汚れも

手早く清潔かつ快適な仕上がりにして

お渡しいたします。

これからもご紹介してゆく記事も

皆さまの暮らしをちょっと良くする

活きた生活関連情報をご提案します♪

(*’▽’)/

お家、お店、職場の困った…を

何とかしたい、解決したい?

それなら!オフィスねこの手へ!

(^▽^)

2019年02月12日

できるお掃除屋さんとできないお掃除さんの違い

publicdomainq-0004430mcdeec

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽仕事のできるお掃除屋さんと

できないお掃除屋さんの違いって?

 

いつも当社オフィスねこの手の投稿を
ご覧下さりありがとうございます。

 

東京は西東京に位置する府中を拠点に

東京23区内外と埼玉、神奈川の一部地域へ

出張対応型のクリーニングを行なっている

オフィスねこの手 代表の山下です。

 

 

今回のブログは少々趣向を変えた内容で

仕事のできるお掃除屋さんと

仕事のできないお掃除屋さんの違いについて

私なりの見解をお伝えしていきたいと思います。

 

ご興味のある方は

このブログにお付き合い頂けると幸いです。

 

 

さて、本題のテーマの

仕事のできるお掃除屋さんって

どんなお掃除屋さんでしょうか?

 

依頼の場所を隅々までピカピカにして

仕上げる技量のある人?

幾ら技量あっても依頼した人より

何倍も何時間も何日もかかったら

できるとは言い難いですよね (T_T)

 

依頼した人が想像してた時間より

遥かに短時間で終えられる人?

どんなに早く終わっても

作業した至る所がキズだらけで

手抜き作業だらけじゃダメですよね (T_T)

 

ではコミュニケーション能力があって

依頼したお客さんと話しが弾んで

どんな人とでもすぐ打ち解ける人?

確かに大事な事ですが

依頼された仕事ほったらかして

作業が一向に進まないようでは

やはり困りものですよね (T_T)

 

 

実際に様々なご依頼者さま先へ

お伺いして仕事をしている

しがない掃除屋の私なりの

仕事のできるお掃除屋さんとは

下の3つに集約できると思います。

 

1.(施工作業に入る前に)頭の中で

一連の作業の全体像が思い描けてる。

 

→その施工作業の一連の流れが

思い描けているという事は

コレの次は何をやって、

コレの合間にアレができるなと

仕事の全体像が具体的に

頭の中で理解できてるので

作業の途中で迷ったり戸惑う

余計な時間が生まれないという事です。

 

 

2.それぞれの仕事に必要な段取りが

できて、何が必要でどう進めるか?

作業のイメージができている

 

→仕事は段取り8割、作業2割と

よく云われます。

 

仕事の段取りができていると

エアコンの作業にはコレとコレ

レンジフードの時にはコレとコレ

といったように

仕事に必要な洗剤、道具の選別が

すぐに判断できます。

段取りができていれば

作業し始めて後になってから

「あー!しまった!アレを忘れた。」や

「あれー?アレ無かったっけ?」と

必要なモノを探す無駄な手間が減ります。

 

 

3.身体の体内時計である程度

作業進行状況に伴う時間管理ができる。

 

→作業の場数を多くこなし続ける中で

時計を(今何時か?)確認しなくても

身体の体内時計である程度は

時間がわかる。

 

つまり普段から時間管理の習慣が

身体にしっかり身についてるという事です。

 

ちなみにこのブログ書いている

私も時計を見なくても仕事中は

腹時計にて誤差±5分位で

その時の時刻が分かります。

時々腕時計やスマホ要らずで

便利な時があります(笑)

 

 

ご紹介した上の3つが

私が考える仕事のできるお掃除屋さんに

あてはまると思います。

(あくまでこの3つは私個人が考えるもの

として、とられて貰えると幸いです。

無論、他の方が考えるデキるお掃除屋さんの

条件や定義は他にもあると思います。)

 

 

▽デキるお掃除屋さんの見分け方

 

ここで言う「デキる」は

できると言っても、何も赤ちゃんができる

妊娠しやすいお掃除屋さんのことや

おできや吹き出物ができやすい体質の

お掃除屋さんのことでは

もちろんありません。

 

在宅のハウスクリーニングや

改装工事後の美装作業などの

「仕事がデキる」お掃除さんの事です。

そんなデキるお掃除屋さんの見分け方って

あるのでしょうか?

「そんなドラえもんの四次元ポケットから

出てくる夢のアイテムや

ドラゴンボールZの敵の戦闘力が

計測できるスカウターみたいな

かけただけでデキる人かどうか?

見分けるアイテムでもあるの?」

 

・・・あるワケがありません。

そんな夢のアイテムがあるなら

私が独り占めしたい位です。

 

そんなドラえもんの夢のアイテムは

ありませんが、様々な形で

(おっ、コノお掃除屋さんは

ちょっとデキそうな人だな・・・)

と見分けるポイントならあります。

 

その見分け方の幾つかを下にご紹介しましょう。

 

・お客さまや依頼者の方との言葉での

伝え方、説明が分かりやすい。

 

・メールやSNS等での文章表現での

説明が分かりやすい。読んで理解しやすい。

 

・電話での直接相手の顔が見えない状況でも

伝わりやすい間、声のトーン、話し方

あいづちを打つなど聞き取りやすい。

 

・聞き慣れない専門的用語を濫用せず

相手が分かりやすい例え・比喩に置き換える。

 

 

つまり、これ等の共通点は

【相手の立場、目線、思考にあわせて

相手に分かりやすく伝える努力を

欠かさない】という事です。

 

少々脱線しますが、私は仕事柄

移動中によくラジオを聴きますが

各局のラジオの様々なパーソナリティー(DJ)の

中でも特に

「あ、この人の話し方聞きやすいなー」とか

「このパーソナリティー、聴いてて心地良いな」

といった良い印象を持たれるパーソナリティーの方

何人かいますよね?

 

私なりに独断で

「それはどうしてだろう?」と分析してみると

往々にしてラジオを聴いてる不特定多数の人たちを

自分の番組に巻き込んで

ラジオの向こう側で聞いている

アナタだけに話しかけているかのように

【相手にあわせて話題を話している】から

聞いてる私たちも心地良く感じるんじゃ

ないのかな?と思います。

 

自分本位な自分が興味ある事ばかり話す

ラジオ番組に不向きな人の番組は

たったの5分聞いてるだけでも

すぐさま他の番組に変えたくなる程

聞くに堪えない位

話す技術が下手っぴだなぁ、と

思う事があります。

 

アナタの身の回りにもいませんか?

自分の事ばっかり話す人。

自分の自慢話ばっかりする人。

他人の話しを聞こうとしない人。

そんな人の話しは毎回心弾ませて

ウキウキしながら聞きたくは

あまりなりませんよね?

 

 

お掃除の話しとブログ内容が脱線しましたが

お掃除屋さんにも共通して言える事です。

 

相手の立場、目線、思考にあわせて

相手に分かりやすく伝える・説明する

努力を普段からしているか?】

 

これに尽きるのかな、と思います。

これって職種問わず色んな仕事にも

共通する事なのでは?と思います。

 

 

▽コミュニケーション力の高い

お掃除屋さんを選ぶメリット

 

このブログのまとめです。

 

仕事のできるお掃除屋さん。

それは建物、家、住宅用設備、空調など

クリーニングの確かな高い技量

ご依頼者のお客さまへ分かりやすい

説明、案内、提案ができる

コミュニケーション力の高さ

この2つ車輪を同時に回転させ自転車のように

前進し続けられる、お掃除屋さん。

それがデキるお掃除屋さんなのかなと。

 

このようなコミュニケーション力の高い

お掃除屋さんへ仕事を任せると

プロだけが知ってる情報を得られたりと

色んなメリットは多くあります。

 

かつての何十年も昔なら職人気質な寡黙で

黙々と仕事して結果で応える作業者でも

まかり通った時代もあったとは思います。

 

ですが、今やAIを備えたペッパー君でも

人間さながらに会話ができる世の中です。

「人と直接面と向かって話すのが苦手だから…」

ではこの先は通用し難くなるでしょう。

何故なら人が人の問題を解決するには

コミュニケーション力がなければ

成り立ちませんから。

 

ハウスクリーニングの依頼を

ご検討されてる方にとってしがない掃除屋の

このブログが一助となれば嬉しい限りです。

 

 

 

これからもアナタの日常にちょっと役立つ

クリーニングや生活関連情報を

更新してまいります (^^)/

 

 

 

 

建物とお家の困った…

汚れの問題を解決したい?

ならオフィスねこの手へ(^_^)v

2018年07月17日

実践で役立つクリーニング力を身につけるたった1つの方法

IMG_0731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽本当に実践で役立つ

ハウスクリーニングの技量・技術を

身につけるたった1つの方法

 

今回のブログは
実践的なハウスクリーニングの仕事を
身につけたい!
現場で即戦力と呼ばれる役立つ
技術・能力をモノしたい!と考えておられる
未経験の方、経験が浅い方向けのブログです。
時折、〇〇スクールやら
▢▢アカデミーといった冠の
ハウスクリーニングのあれこれを教えますよ!
的な所ありますよね?
そういった学校へ或る一定期間通って
その学校に所属するインストラクターさんに
自分が知りたいハウスクリーニングの事を
高いお金を払って教えて貰って
将来は開業したり系列店に
所属してお店を出して
ハウスクリーニングの仕事で利益出そう!
と考えておられる方も
少なくないのではないでしょうか?
私個人の独断と偏見に基づいた戯言を
少々述べさせて頂こうと思います。
ズバリ結論から言うと
〇〇スクールや▢▢アカデミーへ通って
高い授業料払って
インストラクターさんに教えて貰っても
現場で即使える活きた実践的な
技術、知識は
残念ながら何も得られません。
何故ならば、
本当に現場のことを知っている
本物のプロや腕利きの職人さん達は
とても忙しいからです。
何故忙しいのか? 
その答えはカンタンです。
お客さんやクライアントさんからの依頼が
ひっきりなしに来て
その1つ1つの対応をしていくことに
忙しくて仕方ないからです。
それだけお客さんやクライアントさんから
信頼・信用を得ているから
依頼の数が殺到するのでしょう。
つまり、現場を知っている
実践的な対応が出来るプロは
わざわざ高い授業料をとって
その世界の素人の人たちを集めて
現場では陳腐化したような知識を
さもすごいコトであるかの様に
勿体ぶって高い壇上から講釈たれる
暇な時間など無いからです。
殆どのプロ達はその時間があれば
利益につながる
お客さんからのご依頼を引き受けて
仕事するのを選ぶことでしょう。
もしアナタが
ハウスクリーニングの事を良く知らず
ハウスクリーニングの仕事をしたい!
生計を立てたい!と
本気で考えておられるなら
一番効果的で効率が良い方法があります。
それはその道のプロ
ハウスクリーニングなら
ハウスクリーニングの仕事を行なっていて
忙しくて仕方ない会社、事業者をねらって
入門の門をためらわず叩くことです。
日々現場に出ているプロは
様々な現場を体験し遭遇し
頭で、肌で、身体で知っていますから
現場をロクに知らずに教室や会議室の壇上で
先生のように振る舞うインストラクターより
遥かに活きた現場で実践的な対処方法や
やり方を遥かに知っています。
だから、そういったプロ達に
直接教えて貰う事こそが
実は一番意味があります。
但し、そういった多忙な
腕の良い名立たるプロ達は
例外無くとても忙しいものです。
素人で幾ら熱意と情熱があっても
早々簡単には教えてはくれません。
本気さが伝わらない態度や軽いノリでは
体よく門前払いされることでしょう。
それでも、もしアナタが本気で真摯に
ハウスクリーニングという仕事で
お客さんを笑顔にしたい!
人の役に立って喜んで欲しい!という
アナタの真剣な熱意と情熱を
プロがいる会社・事業者に
訴えかけ続ければ
いずれ扉は開かれると思います。
プロはその人の技量だけでなく、
熱意、情熱、信念、真摯さ
真剣さ、人柄、人間性をみて
総合的に判断をします。
ハウスクリーニングの仕事に
ある程度の技量は必要です。
しかし、技量だけではお客さんを
心を動かすことはできません。
感動させたり喜ばせる事はできません。
そこに熱意、情熱、信念、想い、人間性が
ブレンドされることで
人の心を動かすことができます。
ですから
ハウスクリーニングの仕事に興味がある方
未経験、経験が浅いけど挑戦してみたい方は
お客さんの依頼で殺到して忙しくてたまらない
プロ達がいる会社へ飛び込むことです。
机上の空論ではない
実践的で即役立つ技術を身に付けるために
最も効果的で効率が良い選択です。
2018年06月02日

仕事の本質は人の【不】を解決すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽世の中の仕事の本質は

【不満・不安・不快】の3つの

【不】の問題を解決すること

 

いつも当社オフィスねこの手の投稿を
ご覧下さりありがとうございます。

オフィスねこの手 代表の山下です。

 

今回のブログテーマは

【仕事の本質は人の【不】を解決すること】です。

少々堅苦しい感じのタイトルですが (^ ^;)

あまり構えずに気楽に読んで頂けたらと思います。

 

私たちが普段仕事して学んで生活している

この世に存在する全ての仕事は
ネガティブな 3つの “不” がつく

問題を解決することで成り立っている

というテーマです。

 

 

「不がつく問題を解決するって…

一体どういう事?よくわからないけど…」
とブログのタイトルを読まれた方の中には

こう思われた方も居られるかも知れませんね?

 

言葉の頭に “不” がつく単語に関する事を

解決するのが何故様々な仕事の本質なのか?

私たちに身近な例を挙げて

その理由を一緒に考えてみたいと思います♬

 

▽仕事は【不満・不快・不安】の

3つの “不” のつく人の心理を

解決する事で成り立っている

 

話しの本題に入る前に

私たちに身近で分かりやすい例を

交えて進めていきましょう。

 

私たちの日常生活に身近で
誰しも1週間に1回は
人によっては1日に何回も利用する
コンビニエンスストア、コンビニ。
何でも揃う便利なお店のコンビニは
日本中に展開されていますよね。

当然ですが、
この投稿を読んで下ってる
アナタに質問です。

『コンビニは来店するお客さんに
何を提供していると思いますか?』

「何を提供って…そりゃお弁当や
おにぎり、飲み物とか食料品、日用品。
えっとそれと雑誌、あとタバコもか。

…待てよ、たしか税金や公共料金の
支払いも出来たよな?
相手にモノを送るのも出来るから…
うーんと、そうするとモノ売ってる
小売り店だけど、簡易的な
郵便局というか銀行みたいなことも
出来るし… 意外と難しいなぁ。

色んな事が出来る総合的な小売り店?」
と答える方もおられるかも知れません。

 

なるほど、
食料品や商品を売ってるから小売り店。
確かに間違いではありません。
ですが、本質的な所では
小売り店は正解ではありません。

 

・コンビニは来店するお客さんに
何を提供しているか?
⇒【不満(dissatisfaction)、

不快(discomfort)を
解決することを提供】しています。

どういうことか?というと
一見コンビニ弁当や飲み物、
食料品を売ってますから→小売店
と考えがちですが
本質的には

『お客さまが抱える不満や不快に
感じてること、思うこと』を

解決しています。

 

もっと分かりやすくコンビニへ入った
(何か食べ物無いかなー?)と
お弁当やパンなどすぐ食べられる食品を
探す人の心理状態を考察すると…

・朝ご飯食べ損ねたり、お昼近くになって
お腹が減る、喉が渇く

・身体が栄養補給、水分補給を欲して
すぐにでも自分の飢えを何とかしたい

・お腹が減る、喉が渇くなどの
【不快】で
(あー、お腹減ったな。何とかしたいな)
とイライラする【不満】を
どうにか解決したくなる

・今いる場所から最寄りにコンビニがあれば
[あのコンビニに行けば何か食べ物、飲み物が
売ってるから→お金を払えば何か買って
飢えと渇きを解消して、食欲を満たせる]
と過去の経験に基づくことを知ってるから
コンビニに入って、好みの食料品を買う

そう、つまり
コンビニは来店するお客さんの
【不快、不満】を解決するために
店舗型の様々なことを取り扱う小売り店の
ビジネスを実は行っているのが
本質と言えるのです。

 

もう一つ身近な例を挙げれば
近所の歯医者さんへ行く理由って
何でしょう?

 

歯医者さんへ行くのが三度の飯より
大好きだから!というのは無しです(笑)
殆どの方がアノ独特な臭いと
いやーな「キュウイイイイインー」
というドリル音が苦手な方、多いですよね?
私も苦手な一人です (^ ^;)

私たちが歯医者さんへ行く理由を
考察してみましょう。
そもそも自分で自分の虫歯を
鏡を見ながらどうにかできるなら
歯医者さんへ行く理由は
無くなりませんか?

実際には虫歯になった歯を
どうにかできないし
早く治して、辛い痛みから解放されたい!
と誰もが考えますよね?

 

そう、ここでも
・歯医者へ通う患者さんの
虫歯の傷みの【不快】
・安心して食事ができない【不満】
・そしてずっと放置していたら
虫歯菌が体内に侵入して様々な
病気を引き起こすかもしれない
【不安】
をいち早く解決したいから
進んで行きたくない歯医者さんへ
皆さん通院されるのですね。

 

ここまで大分ご理解されたと思いますが
今私たちが生きる世の中にある
ほぼ全ての仕事に当てはまるのは
人の
【不満(dissatisfaction)、
不快(discomfort)、
不安(uneasiness)】を解決するために
成り立っている。

そして、その解決した対価として
報酬のお金を頂いている
と言い換えることが出来ます。

ハウスクリーニングに技術は必要か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽掃除に求める目的・願望と

過程を混同すると本質を見誤る

 

ハウスクリーニングの仕事の本質は
お客さまが望む、望んでいる
様々なことを叶えることです。

 

ハウスクリーニング、ビルメンで行う
掃除は「キレイにすること」が
最終的な目的ではなくて
その先にあるお客さまが望む
安全・健康・快適・美観維持などが
本当の目的です。

 

ハウスクリーニングの本来の目的は
掃除・クリーニングという
化学と物理の知識を活用して
技術と駆使する仕事によって
お客さまが望む/求める事を叶える事です。

 

ハウスクリーニングとは
「キレイにする」一工程を経て
それぞれのお客さまが抱える
お悩み・問題を解決して
その先のお客さまが
望む、求める本質の目的を
お渡しすることにあります。

 

お客さまの求める目的・願望と
その目的・願望を叶えるための
過程を混同してしまうと
本来望んでいるはずの
本質が見えにくくなります。

 

ハウスクリーニングは
ご依頼者のお客さま、クライアントさまから
お家や建物内のご希望の

個所・機器・空調等を

クリーナーや道具を使って汚れやカビを
落としてキレイにすることです。

 

しかし、
ハウスクリーニングが行ってることは
キレイにすることが
最終的なゴールではありません。

ハウスクリーニングなど
清掃請負代行業の仕事の本質は
「お客さまの代わりにキレイにすること
お客さまの代わりにお手伝いすること」
ではなく

お客さまがお悩みの汚れ、カビの問題を
プロの知識と技術で解決して
お客さまが抱える
【不満・不快・不安】なことを

【満足・快適(快楽)・安心】へ

変えてお渡しすることです。

 

意外と多くの方が
ハウスクリーニング=掃除してキレイすること
が、仕事の本質と誤解されがちですが
【お客さまの問題解決すること】

仕事の本質です。

 

恐らくこれはあらゆる仕事の根底に
共通することではないかな?と思います。

赤ちゃんと母親

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽クリーニングの本質は

お客さまへ健康と
快適な住環境をお渡しすること

 

最後にこのブログのまとめです。

・ハウスクリーニングが提供するのは
汚れをキレイにすることだけでなく
お客さまの【不満、不快、不安】を取り除き

【満足、快適(快楽)、安心】へ
心理を転化させて
お客さまの問題解決をすること。

 

・「キレイにする」は
お客さまの目的・願望を
叶えるための過程での
クリーニング施工における一通過点

 

・お客さまの目的・願望と
その目的・願望を叶える過程を混同すると
物事の本質を誤解しがちになる

 

オフィスねこの手が
お客さまへお渡しするのは
そのお家で居住されている、
又は居住予定のお客さまへの
健康・安全・快適さです。

お客さまはその仕上がりを

見て触れて体感されて
健康の維持、安心感の実感、
望んだ目的が適った満足感を
手にされます。

 

そして、お客さまから
ふと頂ける喜びの言葉や表情は
オフィスねこの手が手に出来る
金銭の報酬とはまた別の

何ものにも代えられない報酬です。

 

 

 

 

建物・お家の困った…

汚れの問題を 解決されたいのなら?

オフィスねこの手へどうぞ! (^_^)v

2018年02月11日

家庭用洗剤でガンコ汚れが落ちない理由

DSC_0184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽意外と知らない人が多い!?

家庭用洗剤でガンコ汚れが落ちないワケ

 

いつも本ブログをご覧いただき
ありがとうございます (^ ^)/

 

東京の西東京よりの府中を拠点に

武蔵野・多摩地域はもとより

東京都内23区内外と

神奈川・埼玉の一部地域へ

出張型クリーニングを提供してます

オフィスねこの手の山下です (^^)/

 

今回のブログは

日頃とても多くのお客さまから

聞かれるご質問についてです。

 

そのご質問とは、

『プロのおたくにクリーニングして貰うと

自分で落とせなかったガンコな汚れが
キレイ落ちるんだけど

(コンビニ・テレビショッピング・

ホームセンター等で)買った
市販の家庭用洗剤じゃなぜ落ちないの?

です。

 

お客様のご自宅(一軒家、マンション)や

お店・お仕事場などお客様の代行で

クリーニングする仕事をしていると
上のようなことをお客様から
よく聞かれます。

 

様々な汚れを

対象物、建材等から落とすには
その汚れの種類、性質と
対象物、建材が何か?を
正しく見極めて識ることが
とても大切なことです。

実際に行なうクリーニング以上に

施工作業を大きく左右する!

といっても過言ではありません。

 

「一般的に誰でも手に入れ易く
廉価な市販の洗剤では
なぜガンコ汚れが落とせないのか?」

 

この問いに対する
大きな要因として
市販の中性洗剤では
そのぞれの汚れに
性能に特化していて
極めて優れた特性がある
ワケではありません。

 

市販の洗剤は不特定多数の

本当に様々な方々が
洗剤を手にとり買っていきます。

 

・・・という事は、つまり
どなたの手肌、皮膚に
極力影響が無いもの

でなくてはいけません。

 

特に肌の敏感な方や
肌にトラブルかかえてる方が
使われた際に、肌に

より強い刺激、負担が
あるようでは大変です。

 

肌への負担が少ない分
汚れ落とす洗浄力の性能が
低くなるのは否めない
相反することです。

 

市販の重曹やクエン酸を

お掃除でご使用された事がある方なら

お分かりと思いますが

手肌に危険性が無い分

強い洗浄力には特化してない

という事をご理解頂けると思います。

DSC_0198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽洗剤・クリーナーも汚れにあわせ

適材適所で選び見分けるのが大切


一方でクリーニングのプロたちが使う

業務用洗剤・クリーナーは
市販のものと異なり
様々な用途・用法毎に合わせて
特化した性能・品質を備えてます。

 

プロの業務用洗剤の主なデメリット。
それは、一般的の方がおいそれと
容易く買える価格ではなく
高額なクリーナーという事。

また、洗剤についてのある程度の

基礎知識、使い方を知らないと

取扱いし難いという事もあります。

 


プロの業務用洗剤の

価格が高いという事は
その製品・商品の開発コストが
相応にかかっているから
というのも考えられますが
「洗剤自体の質が良い」
「洗浄力の性能が高い」
ということです。

このブログでお伝えしたい事は

汚れの落とし残し無く

ガンコ汚れをしっかり落とすには
(廉価なモノと比べて)

価格の高いモノは
性能、品質が優れている】
ということです。

 

 

だからといって市販の

家庭用洗剤にはメリットが無い

という事ではありません。

 

市販の洗剤にも
勿論メリットはあります。
不特定多数の多くの方が
手軽に難しいことを考えずに
使えることを大前提です。
でなければ
多くの方に買ってもらえません。

 

洗剤も『十把一絡げで何でも同じ』
と安易に考えずに
洗剤・クリーナーは
それぞれの用途・用法・要望に

あわせて作られています。
「中性洗剤使って
根性でやれば何でも落ちる」
ワケはありません。

 

洗剤も適材適所。


私たちに身近な中にも
様々な汚れがあるように
用途にあわせた
洗剤の見分け方、使い方を
していただくキッカケに
今回のブログが
一助となれば幸いです。

 

これからも多くの皆さまへ

生活に役立つ片付け、お掃除などの

情報ブログを発信してゆきます! 

 (^ ^)/

 

 

 

 

建物・お家の困った…汚れの問題を
解決されたいのなら・・・?

オフィスねこの手 へどうぞ! (^_^)

府中なら利用しやすいオフィスねこの手ブログをご覧ください

府中や三鷹など東京都でお得な無料出張によるクリーニングサービスを行なっているオフィスねこの手では、皆様のお役に立つブログを配信しております。お掃除やお片付けの新常識について、お掃除のエキスパートがご紹介しております。日々のお掃除のポイントや、プロに依頼する時の心得なども是非ご覧下さい。
自宅の掃除を他人に任せるのは、どうしても「罪悪感」が出てしまうという方もいらっしゃいます。しかし、水回りや頑固なキッチン汚れは、時間も手間もかかります。ハウスクリーニングのプロは、汚れ落としの知識がございます。まずは、任せてみるという第一歩を踏み出してみませんか?
オフィスねこの手はハウスクリーニングに対して、情熱とこだわりを持って満足の高いサービスをご提供しております。まずは、お電話または問い合わせフォームよりご相談下さい。

ごあいさつ

代表 山下 晴重
やました はるしげ

皆さま、初めまして。
当社オフィスねこの手の
代表 山下晴重と申します。
よろしくお願いいたします。

ハウスクリーニングに
どういったイメージをお持ちですか?
ご自分で落とせない汚れだけ
落としてさっさと帰る
お掃除屋さん、
と思われていませんか?

当社は、もしかしたら
アナタがこれまでに
ご利用された他社さんや
漠然とイメージをされていた
ハウスクリーニングとは、
全く異なるものかも知れません。

当社は、
いつでも安心な価格体系や
サービスの内容を
ご利用されるアナタのために
分かりやすさにこだわっています。

ご利用されるアナタに
分かりやすくなければ
意味がありません。
サービスの価値とは
お客様である、アナタのために
あるものです。


アナタのおウチのお掃除で
お困りな事は何でも
お気軽にご相談下さい。
どのような些細な事でも
親切・丁寧にお答えします。