無料出張地域:主に武蔵野、多摩地域を含む東京23区、神奈川と埼玉の一部区域

困った汚れをキレイに解決するプロ

ハウスクリーニング会社 オフィス ねこの手

電話受付時間:年中無休(20:00〜翌9:00は留守番対応)

営業時間 平日・及び土日祝日
朝9:00〜20:00

定休日 毎週水曜日

℡080-5011-6211

2019年10月05日

リピーターになる人は約3割

b23bb79f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽リピーターになる人は全体の約3割

 

いつもオフィスねこの手の

当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

 

東京は西東京地区の府中から

武蔵野・多摩地区はもとより

東京都内の23区内外

神奈川・埼玉の一部地域へ出張型

メンテナンス・クリーニングを

提供中のオフィスねこの手 山下です。

 

 

 

当社オフィスねこの手は

創業の2013年から長らく

ハウスクリーニング業を主体に

専門的にクリーニングサービスを

提供してまいりました。

ご依頼者さまが在宅の

ハウスクリーニング以外に

2019年現在は

 

・賃貸物件の退去後の原状回復クリーニング

・店舗、医院内の業務用エアコンや

フロアの定期クリーニング

・個人宅、商業店舗の石材洗浄

研磨クリーニング

など幅広くメンテナンスクリーニングを

行なっております。

 

建物住宅のクリーニングを

サービスとして提供してきた中で

いくつか実経験を通して学んだ

幾つかの中で今回は当社とご同業の方も

関心が高い内容に触れたいと思います。

 

 

 

お家のクリーニングに限らず

様々なサービス業において

特定の商品製品を買うお客様

特定のサービスを利用する利用者の人は

その商品製品を手に入れるため

そのサービスを享受するために

お金という対価を支払っています。

 

 

一見のお客様、初めてサービスを

ご利用された方がどの位の割合で

自分の会社の、自分のお店の

【リピーター】のお客様になって

もらえるのかだろうか?

 

清掃業、クリーニング業を仕事として

開業されるご予定の方

開業して3年未満で事業継続途中の

事業主の方・経営者の方は

一つの参考情報として参考にして

いただけたら幸いです。

 

 

コレは私の個人的な持論ですが

第三者から清掃・クリーニングを

仕事で請負う清掃請負い業に限らず

小売業、サービス業全般において

共通するマーケティングの傾向として

新規の利用者が

繰り返し商品・製品の購入する割合

サービスの再度の利用する割合は

全体の約3割ほどです。

リピーター率の数字は

前後するかも知れませんが

ほぼ3割ほどと言えるでしょう。

 

これにはある根拠があります。

・受験生が東大や有名大学の受験を

志望する割合

・会社内の新規プロジェクトへ自発的に

参加する社員の割合

・新規開業開店のセミナー講習会へ参加した

聴講者の中で開業を決断する人の割合

などなど

 

このような

人が新たに未だ経験した事が

無い事に対して失敗するリスクを恐れず

積極的に挑む行動を起こす人の割合は

全体の中で約3割ほどの人だけ】

だそうです。

これは全体の数が10人であれば3人ほど

100人であれば30人ほど

1000人であれば300人ほど

という事になります。

 

では残りの7割の人はというと

様々な理由を持ちだして行動しなかったり

リスクを嫌がり慣れた習慣から

外れる事を敬遠したり

一番多く当てはまるケースは

単に面倒だから、面倒臭いからでしょう。

 

 

この人の心理的、行動経済学に

関係する割合の数は

そのままサービスを利用する方の内の

常連顧客、リピーターのお客様になる

割合にも当てはまります。

 

 

具体的に集計を行なって

これまで当社オフィスねこの手を

ご利用されたお客様の総合計から

どの位の方がリピーターになって頂けたか?

データー分析した訳ではないので

あくまで私の体感的な感想ですが

 

それでも初めて当社のクリーニングを

ご利用された方が10人としたら

2、3人の方は翌年か半年後に

「今度はこっちをお願いしたい」

「次は別の部屋のここをお願いしたい」

というリクエストされる

リピーターになるお客さまが

戻ってこられてるな

という印象はあります。

 

 

 

「どうすれば初めてご利用された

一見のお客様が繰り返し利用する

リピーターになって貰えるのか?」

 

この質問の返答は敢えて控えさせて頂きたい

と思います。

なぜならそれを自分の頭で考えて悩んで

知恵を絞って創意工夫するのが事業であり

経営者がすべき役割の1つだからです。

 

 

なぜリピーターになって頂けたのか?

それはご利用された方々により千差万別です。

・料金が手ごろだかったから

・商品・サービスが良かったから

・対応した人の対応が良かったから

・信頼信用できたから

・人柄が良かったから

・たまたま近かったから

などなど。

 

お客さまが上げる理由は無数にあります。

そこに決まった一定の答えがある訳では

ありません。

(もし決まった答えがあるなら

ラクでしょうけど課題に悩み格闘できる

贅沢は味わえないでしょう。)

 

 

話しが横道へ逸れましたが

クリーニングに限らず利用される方の内で

ファンとなり、リピーターになる方は

全体のうち約3割ほど。

これを覚えておくと何かの役に立つかも?

知れません。

 

 

 

ちなみにかつて当社のクリーニングを

ご利用された方々は

私がご依頼者さま先を引き上げる時に

 

「またぜひお願いしたいわぁ〜」

「すぐに連絡しますね〜」

「これからはオタクに頼む事にするわ〜」

 

と仰る方は

まずその場限りの感想で終わります。

 

そのお客さまからこの様に言われた

未だリピーター客が獲得できてない

純情なお掃除屋さんは

真に受けて浮かれあがるでしょう。

ですが

私の場合はニコニコと聞きながら

「何かお困り事がありましたら

お気軽にご連絡下さい。」と

だけ挨拶して引き揚げます。

 

ご利用される方が女性の方なら

男性よりも感情表現が豊かですから

少々大袈裟にその時率直に喜んだ感想を

口にされたのだろうと思います。

そこは嘘偽りなく。

ただこれまでこのように言われた方が

天にも昇るような褒め言葉を仰る方は

当社ではリピーターにはなられていません。

(恐らくその時だけで3日経てば

すっかり頭の中から忘れるのでしょう。)

 

 

 

何故なら当社のリピーターとなって頂けてる

大切な顧客の方々は

どの方も例外なく

うわべでは耳障りが良い社交辞令の

美辞麗句を並べるだけでなく

皆さま自ら行動に移してご予約のお問合せを

される意志をお持ちだからです。

(当社に限った話です。

他の会社さま事業者さまは分かりません)

 

本当に長いお付き合いして頂ける方は

ある種コチラが拍子抜けするほど

大袈裟なご感想や表情を出さずに

堅実に真摯に全てをみた上で

賢明なご判断をされておられると思いますね。

 

その点においては、私はつまらない程

一時の感情に左右されず冷静に物事を

捉えて分析していると思います(笑)

 

 

 

これからもご紹介してゆく記事も

皆さまの暮らしを少し良くする

活きたおそうじ関連の情報を

発信していきます♪

(*’▽’)/

 

 

 

2019年09月12日

サラリーマン的発想ではできない住宅のクリーニング

71f+eNu-8VL._SY606_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽均一化画一化した発想の

サラリーマン的な考え方では

ハウスクリーニングは成り立たない

 

 

いつもオフィスねこの手の

ブログを多くの方にご覧頂き

ありがとうございます。

東京23区内外はもとより

埼玉、神奈川の一部地域へ

出張対応型クリーニング提供中の

オフィスねこの手 の山下です。

 

 

ハウスクリーニングをご依頼される方が

「エアコンクリーニングが

レンジフードクリーニングが

浴室が…etc

どうして〇〇の時間で終わらないの?」

といった疑問を持たれる理由を

考えてみたいと思います。

 

(このハウスクリーニングの疑問の単語を

退去後の原状回復クリーニング/

空き室清掃と置き換えても

あてはまる点が多いと思います。)

 

一言で結論を言ってしまえば

「それはお家の中で

(空調家電や住宅設備機器など)

使う方の数だけ

それぞれの汚れ方が多種多様で

1つとして均一的でないから。」

に他なりません。

 

 

ここで終わると

ブログを読んで頂ける方の

アクセス数が稼げませんし

読み飛ばされてしまうのが

オチなので

もう少しだけ続けさせて下さい

<(_ _)>

 

 

 

では、なぜこのような

サラリーマン的な発想をするのか?

 

恐らくそう発想する原因の根底に

第三者の他人に依頼した仕事や

世の中が何でも頭の中で都合よく

自分が思い描いたように動くもの、

考えてしまう傾向のある方だから

ではないでしょうか?

その方の脳の癖といっても

良いのかも知れません。

推測にすぎませんが。

 

 

サラリーマンでは、

もとい正確な表現でいえば

サラリーマン的な考え方では

ハウスクリーニングの仕事は

いや清掃業全般においても

対応ができないと言えます。

 

この「サラリーマン」を

コンビニと置き換えても

良いかも知れません。

 

(ここでのサラリーマンは

「職業」としてのサラリーマン

に恣意的な意味を示すのではなく

物事を何でも偏った

均一化、画一化した考え方で

物事を当てはめさえすれば

何でも都合よく解決する

と信じ込んでいる人

総括して「サラリーマン」という

単語で表現しています。

くれぐれも誤解されませぬよう。)

(突き詰めて考えると

職業がサラリーマンというのも

相当おかしい事を言ってますが。)

 

 

誤解を恐れずに敢えて言うと

サラリーマンは現場がない」人です。

現場がないという事

現場を知らない理解してない人です。

実際の生の現場のやり方や

進め方を見た事がない知らない

だから、現場がない人なのです。

 

実際の仕事の現場を知らない

現場がない人だから

パソコン画面やデスクの上だけの

机上の空論で何でも物事を

あてはめて考えようとする。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

だから現実的に到底無理がある

「エアコンクリーニングは

10、20分程度で

レンジフードは1時間で

浴室は30分もあれば

終わるでしょ?www 」

と頭の中で思い描いて

しまいがちになるのです。

 

ご自分で普段から実際に

ご自分の身体を使って

お掃除なりお手入れされる習慣が無い方

ほど現実離れしたご質問を

しれっとお聞きになるのでは?

と推察しています。

 

(仮にその時間でできるなら

ご自分でお手本を示していただけますか?と

一言添えたくなりますが。)

 

 

例えて言い換えるなら

お役所仕事の決まり決まった事柄を

決められた手順で

ベルトコンベヤー的に進めていれば

「はい、○○○番さん住民票です。」

といった具合に誰もが当たり前に

決められた書類を書いて

申請した書類が貰えるような仕事を

ハウスクリーニングがやっている訳

ではありません。

 

空き室清掃にしても

ハウスクリーニングにしても

他のクリーニングおいても

根底は同じです。

 

1つとして同じ現場はありません。

 

 

だからこそ

清掃のプロ達は

知恵を絞りに絞って

失敗から原因と教訓を学んで

それを糧として

創意工夫を凝らして

ご依頼者さまや

クライアントさまに

より良くより早くお引渡しして

仕上がりを喜んで貰えるか?

に努めて腐心しているのです。

 

 

仮にある特定の地区に何棟もある

一見すると似たような造りの

分譲マンションでも

タワーマンションでも

戸建ての家だとしても

そのお家に住み生活し暮らす方は

その方なりの生活スタイルを

されています。

 

生活して住んでおられる方が

多ければ多い程

十人十色、百人百色です。

お隣の〇〇さんと

全く同じ生活している人なんて

いる筈がありません。

それ故に

ハウスクリーニングの仕事において

同じ仕事は1つとして無いのです。

 

 

ましてや毎年ご依頼を頂いている

リピーターの方の御宅でも

毎年同じ、去年と同じという事は

先ずありません。

 

だから

ただの1つとして

同じ現場は無いのです。

 

 

 

お家が違えば住む人も違ってきますし

そのお家の生活の仕方から

どのようにその固有の汚れが発生して

コノ汚れの成分・性質は何なのか?

をできるだけ特定するために

推察洞察を行なう必要があります。

クリーニングをご依頼される方が

最も優先したい内容を会話から

汲み取るコミュニケーション力も

必要になってきます。

 

ハウスクリーニングは

多種多様なバラエティに富んだ

個々の住宅ごとの現場にあわせて

臨機応変な対応を行なう仕事と言えます。

 

 

 

▽住宅に暮らす人に合わせた

柔軟で臨機応変な対応を行なう

ハウスクリーニング

 

 

コンビニ的サラリーマン的な発想は

柔軟性があってある程度の

融通が利く考えや対応の仕方を

真っ向から否定してしまう事に

つながる危うさを私は感じます。

 

物事を均一的画一的な

考え方をする要因が

自分の頭で物事を熟考せずに

スマホの普及により

SNSなどで毎日フロー型の

膨大な流され続ける

情報データを疑いもせず

正しいと信じ込んでしまう

受け身の思考に多くの人が

自覚せずにいる事の影響が

あるのかどうか?は

私には何とも言えません。

 

上の論証しようがない戯言は

さておいて

ブログ本題へ戻します。

 

 

 

「ハウスクリーニングはなんで

こんな時間がかかるんだ!」

とか

「どうして均一的な決まった

時間で終わらないの?」

と仰る方は

サラリーマン的、コンビニ的な

発想が前提にあって

物事をあてはめて考えてしまう

傾向の危うさを感じます。

 

午前9時から午後5時で終わる仕事や

コンビニへ行けば当たり前に

陳列棚に自分が欲しいモノが

決まった場所に売っていると

ある種の先入観を持った

思い込みのある考え方は

柔軟な発想を一切削ぎ落とした

まるで感情の無いロボットのような

考え方に似た違和感があるんですよね。

 

 

住居用の建物には

様々な構造、形状、立地、地域性に

富んだお家にお住いの

しかもそのお宅なりのご家族さまが

生活スタイルをされている訳です。

 

人の暮らしの数だけ

ご使用のされ方が異なってきますし

汚れ方も均一的画一的になる

筈もないのがごくごく自然といえます。

 

一軒一軒が毎回異なる

お宅のご要望のニーズを

掃除という手法を使って

お客様がお困りの問題を解決する。

それがハウスクリーニングの仕事

 

 

分単位で秒単位で

きっちりかっちり

決まった時間で終えられる仕事は

むしろ世の中の数多くの

職種おいても当てはまる事は

そうそう無いのではないでしょうか?

 

 

画一的均一的に物事を

あてはまめて

コレがこうだからこうなる筈

というのは

数式で数学の世界だけに

任せておけば良いと思います。

 

私たち人が生きて生活する

住宅住まいにおいて

四角四面に杓子定規で計ったように

当てはまる事の方が

むしろ少ない事を

私たちは体感的に理解しています。

 

 

 

人の住まいと人の数だけ

その人の生き方

生活の仕方があります。

だからこそ

私たちが暮らす世界は

多様性に満ちています。

 

 

 

それに応える住宅のクリーニングも

柔軟な対応が問われてきます。

 

 

最後に

「ハウスクリーニングは

なぜ決まった時間で

きっちり終わらない?」

 

上のように

考える傾向にある方には

どこまでご理解頂けるのか

些か疑問が残りますが…

 

掃除、清掃の仕事は

全て画一的均一的に都合よく

決められた時間で

1秒の狂いも無く

解決できる仕事では

必ずしもないのですよ、と

根気よく説明をして

ご理解頂く事が

最良の方法なのかなと思います。

 

 

繰り返しになりますが

ハウスクリーニング

(に限らずですが)は

毎回決まった時間で

解決できる仕事ではない

 

このブログを通じて述べた事の

少しでもご理解ご了解頂けたのなら

このブログを書いた者として

安心して枕を高くして眠れます。

 

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

アナタがお困りの汚れも

手早く清潔かつ快適な仕上がりを

お渡ししてまいります。

これからも皆さまの暮らしを

ちょっと良くする活きた

おそうじ関連の情報の

発信していきます♪

(*’▽’)/

 

 

 

 

2019年05月31日

車の中をみれば掃除屋の腕前が分かる

自動車 イメージ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽車の中の状態をみれば

その掃除屋の腕前が分かる

 

いつもオフィスねこの手の

当ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

 

 

東京は西東京の府中から

武蔵野、多摩地域をはじめとして

東京都内の23区内外と

神奈川・埼玉の一部地域へ

出張型メンテナンス視点の

クリーニングサービスを

提供しております

オフィスねこの手 の山下です。

 

 

ふと先程あった出来事を交えて

私なりに感じた事をブログで

皆さまと共有できたらと思い

拙くも書き綴りました。

 

 

私の仕事柄といいますか
掃除を商売としておりますので...

 

時折立ち寄る飲食店やコンビニに
駐車している同業者の掃除屋さんの
後部座席、運転席のダッシュボードが

気になってついチラ見する事があります。

失礼と存知あげつつも、ですが。

 

某チェーン店系列の会社名のシールを
貼っていない仕事用の車でも
中をチラ見するだけで
同業者の車かどうか?は

仕事柄一目で判別ができます。

 

 

つい先程、イケメン俳優が

ご出演されてるCMでも

有名な某お掃除チェーン店さんの
仕事用と思われる駐車してる車を
見かけてしまい

つい、こそっと
(どれどれ?)と缶コーヒーを買う
ついでにチラ見してみました。

 

チラ見した感想といえば

(・・・・・・なるほどね...)
と思うような

洗剤、掃除用具、資材を

車の後部座席と

運転席前部のダッシュボードへ
残念な積み方をされてました。

 

 

 

お掃除さんの車の中を見れば
その掃除屋さんの腕前が分かる。
この一文に無論、反発されたり
反論意見ある方もおられると思います。

 

ですが・・・
他の職種で仕事をされてる
その道のプロと呼ばれている方々は
果たしてどうでしょうか?

 

例を挙げるならば

予約の取れない名店のお寿司屋さんや

行列の絶えない飲食店の
板前さん、総料理長、オーナーシェフが
自分の商売道具である
包丁や鍋を粗雑に扱いますか?
刃こぼれしてたり錆びついたままで
調理する食材を調理しますか?

 

メジャーリーグで活躍する
ホームランバッターが
自分のバットやミットを
手入れせずにほおり投げますか?

乱雑に扱いますか?

 

超絶な腕前で多くのファンを
魅力する有名なギタリストが
ミュージシャンが
ギターや楽器の手入れせずに
ほったらかしで使いますか?
緩んだギターの弦のままで
大勢の観客で押し寄せた
ライブ会場で演奏をしますか?

 

 

 

そんな事をする筈が

ありませんよね?

到底あり得ませんよね?

 

そんな事はご本人に聞かずとも
当たり前の様に分かります。
それは、なぜでしょう?

 

 

かつて様々なプロ野球選手を
独自の手腕とやり方で
活躍させ成長された
「野村再生工場」と呼ばれた
名将 野村監督も監督時代を

振り返り著書の各書籍で
「自分の仕事で使う商売道具の
手入れを怠る選手は一流になれない」
とまで断言されてました。

 

 

このブログで私が

一体何を申し上げたいか?というと
【お客様から対価のお金を頂いて
清掃、掃除の仕事を生業とする者が
自分の仕事道具すらまともに

手入れが出来ない様ではプロ失格
という事です。

 

 

プロの料理人然り
プロのアスリート然り
プロのアーティスト然り
その道で『プロ』を名乗る以上
何よりも大切な仕事道具は

誰よりも丁寧に扱っています。
手入れ、整理整頓ができない

体たらくで

『どうしてご依頼主のお客様を
満足させてお金という報酬を
得られるのでしょうか?』

 

 

たかが仕事道具
されど仕事道具です。

 

 

私は掃除の世界においても
何よりも大切な商売道具に
感謝と愛着をもって
手入れが出来ない人に
お客さまが満足できる
クリーニングを提供できる

とは全く思えません。

 

 

 

車の中の掃除道具が
整理整頓されずに
雑然と片付いてない人は
こう仰るかも知れません。

 

「そりゃ分かるけど、

分かってるんだけどさ...
オレだって仕事で疲れてて
やろうやろうとは思っても
なかなか時間ないんだよ…」

と。

 

良い歳して仕事している
大人がこんな言い訳する様では
小さな子供にすら笑われます。
自分に都合良い言い訳する人に
果たして他の人が

お客さまが
仕事を頼むでしょうか?

 

バッサリ言わせて頂くなら
「ただの独りよがりな言い訳」です。

 

時間が無いのは皆同じ。

仕事で疲れてない人など居ません。

皆1日24時間という

限られた時間を与えられているのです。

自分が1日18時間で

アノ人だけが1日26時間なんて

ファンタジー小説な事はありません。
時間はあるものではなく
自分で工夫し生み出し作り出すもの。

 

体のよい言い訳する暇で
道具の手入れをされたらどうです?
車の整理整頓されてはどうですか?

 

 

 

私が存じ上げている

ご同業者の方々は
例外無く車の中の隅々まで
ご自分が仕事がしやすいように
きちんとお手入れ、整理整頓
されています。
紛れもなくどなたも
一流の腕利きの方ばかりです。

仕事ができる方ほど
ご自分の仕事道具にまで
目が行き届いているものです。

 

 

お客様にとって
その会社の規模、知名度は
(人にも依りますが)
大した問題ではありません。
寧ろどうでも良い事かも知れません。

 

自分が選んだ、頼んだ
そのお掃除屋さんが
【どれだけ高い技量と
引き受けた仕事に対して
真摯に向き合っているか?】を
寧ろ重要視しています。

 

 

車の中を1つをとっても
たったこれだけの事で
こんなにも多くの事を
想像できてわかるのです。

ましてや訪問した先の
お客さまに
普段仕事で使ってる車の中を
チラ見されたら…
どう思われるか?
大恥赤っ恥かくのは
仕事されてるアナタです。

 

それだけお客様の目

他人様の目は怖いもの、と

常に認識する必要があります。

だからこそ気が抜けないのです。

 

 

お客様先で
大恥かきたくないのでしたら
少しでも、お一人でも
自社へ依頼される
お客様の事を考えて
仕事道具の取り扱い方、在り方を
ご一考されるきっかけにされて
もらえたら幸いです。

 

最後まで拙いこのブログを
お読み下さりありがとうございました。

<(_ _)>

 

 

 

アナタがお困りの汚れも

手早く清潔かつ快適な仕上がりにして

お渡しいたします。

これからもご紹介するブログ記事も

皆さまの暮らしを少し良くする活きた

お掃除関連の情報発信をしていきます♪

(*’▽’)/

 

 

 

 

2019年05月17日

人間関係が少しラクになる一言

仲良しな人間関係のイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽自分の目線ではなく

「相手の目線」を意識した言葉は

アナタの人間関係をラクにする

 

 

いつもオフィスねこの手の

当ブログをご覧いただきまして

ありがとうございます。

 

東京は西東京の府中から

武蔵野・多摩地域はもとより

東京都内の23区内外

神奈川・埼玉の一部地域へ

出張型メンテナンス・クリーニングを

提供しております

オフィスねこの手 の山下です。

 

 

 

今回は汚れの落とし方や

お掃除の仕方アレコレとは

少し離れて趣向を変えたブログです。

どなたにもあてはまる

職場、学校、家族の中での

アナタの人間関係を良くして

アナタの気持ちをラクにする

そんな言葉の使い方についてです。

 

 

私は今では自営業として

日々仕事をしておりますが

かつては、とある会社で

会社員として働いてた頃がありました。

 

その頃に目にした下の短い一言。

この一言が今でもとても印象的に

記憶に残っていて

オフィスねこの手のバイトで

働いてくれてる若い子たちへ

仕事に関する教育する時に

例えを交えて使っています。

 

 

その短い一言とは

「If I was you,…」

この英文を直訳すると

「もし私があなただったなら」

 

この短い英文が一体

何を言いたいのか?というと

少し前に大ヒット映画で

話題になった「君の名は。」や

大林宣彦監督の作品の

「転校生」といった

男女の人の中身が入れ替わる

話しの事では

もちろんありません。

 

 

 

If I was youは

私がアナタの立場、状況だったら

どう言葉を使えば?

どう行動をすれば?

アナタに寄り添える選択に

なるだろうか?という事です。

 

 

ここで話しが変わりますが

今の時代、社会で働く多くの方が

思い悩んで我慢をして

抱えている悩みの多くは

意外にも

労働時間の長さ

無駄な残業時間の多さ

ではないそうです。

 

労働時間の長さや残業手当のつかない

サービス残業の多さも

もちろん大きな問題ですが・・・

働く多くの方を悩ませる問題は

職場、仕事の人間関係だそうです。

 

 

人間関係が100%スッキリと

完ぺき完全に直ちに解決する方法。

そんな夢の様な解決法があれば

良いのですが、残念ながら

そんな解決法はありません。

 

 

・・・であるならば

少し普段のご自分の考え方

物の見方、発想の仕方を

ちょっとだけ変えてみては

いかがでしょうか?

 

含蓄がある ある方の言葉の1つに

『他人と過去を変える事はできないが

自分と未来を変える事ならできる」

という言葉があります。

 

 

このブログを読んで下さっている

皆さまの参考になるか?どうかは

分かりかねますが

私が仕事上で毎日のように

必ず使っている

ある言葉のフレーズがあります。

 

言葉にしても5秒もかからないのに

相手を不快にさせず

かつ不必要に初対面の相手でも

衝突せずに

お互いに嫌な想いをせずに

円滑に進められる

そんな魔法のような言葉が

日本語には数多くあります。

 

 

 

それは

ちょっとした一言で

相手を思いやる

相手を慮る(おもんばかる)一言

を添えてあげればいいのです。

 

 

 

人が自分以外の他人に対して

ムッとしたり、不快感を感じる時は

<何においても利己的で自分本位で

とても自分勝手で

相手や周りの人たちの事を全く考えず

迷惑をかけたり、不快感を感じる

言葉を吐いたりする人

迷惑行為を繰り返す人>に

遭遇した時ではないでしょうか。

 

とても嫌な気分になりますよね?

 

では、何故私たちはそう感じるのでしょう?

自分とは縁もゆかりもない

見ず知らずの赤の他人にも関わらず。

 

 

恐らく私たち日本人の気質や民族性

皆さまの1人1人のDNAに

刻みこまれている

「和を以て貴しとなす」

(わをもってとうとしとなす)

という考え方を古の時代から

とても重んじてきた

民族だからだと思います。

 

たまたま近くにいた人が

自分の兄弟や親類縁者

友達や家族でなくても

【相手の事を考えて、不必要に

いさかいや争わずに

和をもって仲良くできるよう

心遣い、気配りをする】

ことを大切にするのが

私たち日本人です。

 

 

人が自分以外の他の人との

人間関係で

疲れたり腹が立ったり

悩んだり疑問を抱くのは

「どうしてあの人は

私の思うように動かないのか?

私の言う事が伝わらないのか?」

などではないでしょうか?

 

 

「どうして分からないの?」

とつい思ってしまう

つい口に出てしまう。

それはご自分の中でどこかに

私の考えてる事、言ってる事が

相手に伝わって当たり前

通じて当たり前、と

考えて思い込んでしまってる

フシは思い当たりませんか?

 

 

よくよく考えてもみましょう。

血のつながりの深い家族でも

親戚でも兄弟でも

双子の芸能人の

三倉茉奈さん佳奈さんの

姉妹でもない限り

自分の考えてる事、言った事が

以心伝心の字面の如く

相手に100%伝わる事は

まずありません。

 

身内ですらきちんと伝える事が

かなり難しいのに

それを家族以外の他の人へ

要求するのって

かなり無理あると思いません?

 

過剰に自分が望む事を

相手に要求をしてしまうから

些細な行き違いがあったり

うまく伝わらないだけで

「ムッキィーーー Ψ(# ゚Д゚)Ψ

何で分からないんだよ!

どーして伝わらないんだよ!」

とついつい直情的に

激昂して感情的になりがちです。

 

自分の事なら

自分が一番よく分かってますから

分かっていて当然です。

でも、自分ではない

仮に夫婦でも、兄弟でも、親でも

友達でも自分が思う事、望む事が

完全に伝わるはずが

ある訳無いんです。

 

だって

その他の誰かは

自分ではない人なのですから】

 

自分が考えている事は

自分には言わずとも分かります。

それを相手にそのまま当てはめるのが

そもそも無理あり過ぎる事です。

脳から脳へ考えてる事を

直接送れるテレパシー能力でも

ない限り無理があります。

何故ならばその相手は

自分自身じゃないんですから。

 

 

 

 

▽相手を気遣うほんの一言は

自分と相手との関係を

円滑にする言葉の潤滑油

 

 

先ずはつい一言

言いそうになってしまう

相手への不満や愚痴を

口にされる前に

少しぐっと抑えて

こう言ってみる習慣を始めては

いかがでしょう?

 

たった一言だけ

「〇〇してもらえてありがとう。」

「〇〇してくれて助かったよ。」

などちょっとした感謝の言葉。

 

 

人は人から感謝の言葉や

褒めてもらって

「何で感謝するんだ!

どうして褒めるんだ!

馬鹿にしてるのか!」と

腹を立てる人はまずいません。

よほどのへそ曲がりで偏屈な

相当変わった変な人でない限り。

 

寧ろ人は他の誰かから感謝されたり

感謝のお礼の言葉をかけてもらうと

少し嬉しく感じるものです。

 

 

 

 

私が仕事上において

電話に出るとき、かけるときの

電話応対をする際に

常に意識している事があります。

 

それは

〇相手の貴重な時間を奪ってる

意識をもって、今電話越しの

相手が話しに応対して貰える

状態にあるかどうか?を聞く

 

〇例えどんなに些細な事でも

「恐れ入ります。~」

「ありがとうございます。」

「どうぞおかまいなく。」

と必ず言葉の枕詞を添える

 

 

たったこの2つを意識して

実践しただけで

開業間もない頃には

毎日のように本当に些細な事で

電話越しに口喧嘩してしまったり

後日、他からクレームあったことを

たしなめられたりされてた事が

恥ずかしながら頻繁にありました。

 

それが私のある意識と

考え方を変えた頃から

電話応対や言葉の言い回しの

クレームはパッタリ無くなりました。

 

 

私がかつて愚かな行為を

自分なりに自己分析して気付いた事。

そういった言動、行為の背景には

(どうしてこちらの言った事が

わからないのか?理解できないのか?)

などの分かって当然だろう、

いった驕り(おごり)が

私の心のどこかにあったから

と今では思います。

 

冷静になってよくよく考えれば

とても当たり前な事でした。

直接顔も見ていない

ましてや初めて話す初対面の

どんな方か?分かりもしない相手に

こちらの考えてる事を分かって欲しい

なんて、図々しいにも程があります。

 

 

だからこそ

はじめましての初対面の相手こそ

丁寧に相手を慮った

言葉や言い回しと

ちょっとした感謝の言葉を添える。

 

 

どうでしょう?

皆さん普段お仕事やお家で

電話をかける際、電話に出る際

下のこれらの一言言えていますか?

(電話応対でのビジネスマナーとして

捉えていただければと思います。)

 

・「お電話頂きありがとうございます。」

・「突然のお電話、失礼いたしました。」

・「今、〇〇分程お時間よろしいですか?

 お時間は大丈夫ですか?」

・「恐れ入ります、今手が離せないため

 こちらから後程(〇分後)に

 折り返しいたします。」

・「折り返しのお電話ありがとうございます。」

 

などなど

何故こんな一言が必要なのでしょう?

 

それは

相手本位で直接みえない

相手の立場、状態、状況を

思いやり慮る言葉だからです

 

 

 

電話に出て頂けた相手の方は

実はこんな状況かも知れません。

 

・電車で移動中で周りに

他の乗客の方がいる中

電話に出てくれたのかも知れない

折り返ししてくれたのかも知れない。

 

・車の運転中の最中に道路左脇に寄せ

わざわざ車を一時停車して

電話に出てくれたのかも知れない。

 

・料理中で大量の油で天ぷらを

揚げている最中なのかも知れない。

 

・急ぎの様で外出する用事がある時

かかってきた電話に出てくれた

のかも知れない。

 

・忙しく手が離せない最中にとりあえず

電話に出てくれたのかも知れない。

 

 

電話越しの相手の状態、状況に

想像をめぐらせて

(…こうなのかも知れない)

想像力を働かせる事。

 

だからこそ

自分本位で相手の事を鑑みずに

一方的に話し始めるのではなく

例えこちらが必要な用事要件が

あってかけた電話でも

電話越しの相手の方を気遣い

思いやり、慮る事を

意識をしていると

不思議と直接顔が見えなくても

相手の方に伝わるものです。

 

 

 

職場や会社の人間関係で悩んでる方

全ての問題が、このブログで

提案した一言の言葉で

解決する訳ではありません。

でも、職場のご同僚、後輩

相手の方にちょっとした

 

・朝や仕事終わり時の挨拶

・何かしてもらった時に返す

「ありがとう。」の感謝の一言

・相手を気遣う

「今、私に何か手伝える事ある?」

といった一言。

 

こんな何でもない言葉をかけたり

行動してみるだけでも

ちょっと敬遠していた

少し苦手で距離をおいていた

職場のアノ人や同僚のアノ人とも

少し人間関係がうまくやれるかも

知れませんよ?

 

 

人は他の誰かから気持ちの良い挨拶や

言葉をかけて貰えると心理的に

「返報性の原理」が働いて自分も

同じように返したくなる傾向があります。

 

 

自分が人からされたら

腹立つ事、嫌に感じる事を

他の人にしないようにするだけです。

他の誰かからされたら

自分が嬉しく感じる事

お礼を言いたくなる事を

自分がしてあげましょう♪

 

 

 

この拙いブログが

アナタの職場や会社の中で

前よりも少しだけ

人間関係がラクになったり

息が詰まりそうだった空気が

少しだけ気が楽になったとしたら

何より嬉しく思います。

 

 

 

 

アナタがお困りの汚れも

手早く清潔かつ快適な仕上がりにして

お渡しいたします。

これからもご紹介してゆく記事も

皆さまの暮らしを少し良くする活きた

おそうじ関連の情報を発信していきます♪

(*’▽’)/

 

 

 

 

 

2019年05月08日

お客さまが求めているモノ

publicdomainq-0004430mcdeec

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽クリーニングにお客さまが

求めているモノ

 

いつもオフィスねこの手のブログを

多くの方にご覧頂き

ありがとうございます。

 

東京23区内外はもとより

埼玉、神奈川の一部地域へ

出張対応型クリーニングを提供中の

オフィスねこの手 代表の山下です。

 

当社はお家のハウスクリーニングは

もちろんの事

・退去後の空室物件の原状回復作業

・店舗、診療所、クリニック、

工場、スタジオなど定期清掃や

改装工事後の美装作業

・会社、営業所内の水回り(トイレ等)

の消臭、除菌洗浄クリーニング

等々

多岐に渡ったクリーニングを通じた

メンテナンス・クリーニングを

提供しております。

 

 

 

私が携わっている清掃業
お客様がご自宅に在宅されている状況で
お家の(空調や住宅設備機器の)
クリーニングを提供するスタイルの
ハウスクリーニングを施工してると
お客様から様々なご質問、ご相談を
本当によくいただきます。

 

 

前以てお断りしておきますと
私はお客様へクリーニングのセールス

押しつけがましいアドバイスは
自分からは一切しません。

 

かなり極端に言えば、
あまり会話を望まれない
進んで世間話されないご依頼者さまには
必要最低限の事しかお聞きしませんし
作業に不要な無駄な会話もしません。

その点が作業者に愛想や言葉で人柄の良さ

アピールを求める

「お客さまに愛想振りまくのが当然だろ!」

とお考えになるお客さまには不評ですが…(苦笑)
(だからと言って別段 仏頂面でムスッと

仕事してる訳では勿論ありません (笑) )

 

自分でも愛想が無い人間

と自覚してますが

事実を誇張したり

意図的に捻じ曲げたり

こちらに都合良い事は言いません

的外れな事も言いません。

ですが、

あるがままの事実を

お客さまへ分かりやすく

伝わりやすく飾り気無しに

実直にお伝えしています。

 

 

 

にも関わらず

それにも関わらずです。

 

オフィスねこの手へクリーニングを
ご依頼されたお客様から
色々と、恐らくは普段から
気になっておられて
本当の所はどうなのか?
聞きたくて聞きたくて仕方がないのかも?

知れない様々なご質問を投げ掛けて
いただいています。

 

 

お家、建物のクリーニングに限らず
ある特定のサービスを
利用、活用する上で
誰しも先ず1番に気になるのは
【価格】でしょう。

ですが

様々なお客様先へ伺っていると
皆さん必ずしも
クリーニングの価格だけが
気になっている訳ではないと気づきます。

 

依頼したクリーニングの価格が
(自分にとって)それに見合うだけの
意味、価値があるのか?どうか?は
依頼される立場であれば
とても関心がある事です。

 

何故なら人の経済的心理の中で
自分がお金を払ったモノは
支払った対価以上の損はしたくない
という〈損失回避〉の心理が働く為です。

 

 

お客様にとって
大変な想いをして得たお金は
損したくない。

 

でも、お金以上に
普段気になっている事を
それを商売にしている人に
直接聞いて
『ホントの所はどうなの?』を
確かめたい。

 

そういった心理が
ご依頼者のお客様に働くからこそ
(今来て貰ってるお掃除屋さんに
色々とネット等で見聞きした事を
確かめてみたい)と思われるの
だと思います。

 

 

 

今ではタブレット端末やスマホで

ネット検索すれば瞬時に表示される
様々なお掃除にまつわる参考情報。

検索で表示される表示結果の

全てとは言いませんが
ネット検索で出てきた情報が
どれが正解でどれが疑かしいのか
なかなか判断しようがありません。

 

そこで詳しく根拠がある
回答をしてくれそうな
お掃除屋さんに
お客様が普段疑問に思ってる事を
直接ぶつけたいのかも知れません。

 

 

率直なところ
気兼ねなくそういった

掃除やお手入れに関する疑問や

質問をぶつけて頂けるのは
私個人としては

とても嬉しいことです。

 

何故ならば

(…この人は信頼できない
依頼した作業が終わったら
さっさと帰ってほしい
ついでに玄関先に塩でも

撒いてとっと追い返したい)
と、もしも私がそう思われてるなら
お客様が積極的に

私へ質問するでしょうか?
しませんよね?
質問する筈がありませんから (^^;

少々脱線しました。

 

 

 

清掃という分野で
お客様やクライアントさまへ
クリーニングをサービス提供をしている
私たちはお客様が抱えている
3つの不【不安、不満、不快】を
解決していく事が何より大切です。

 

それとは別に
お客様の疑問、質問を
少しでも解消して貰う為にも
様々な事にアンテナを張って
積極的に関心を持ち
学び続けて行く姿勢が
必要になるのだと思います。

 

 

お客様がホントに求めてるモノ。
それは、お金を支払う事で
得られるクリーニングだけでなく
ネット検索では手に入らない
化学的かつ物理的に裏付けのある
ご自分でも使える【活きた知識、情報】を
求めてるおられるのだと思います。

 

 

ご依頼者のお宅で

プロとして赤っ恥かかないよう
これからも日々勉強と研鑽を

続けてゆきたいと思います。

 

アナタがお困りの汚れも

手早く清潔かつ快適な仕上がりにして

お渡しいたします。

これからもご紹介してゆく記事も

皆さまの暮らしを少し良くする活きた

おそうじ関連の情報を発信していきます♪

(*’▽’)/

 

 

 

 

府中なら利用しやすいオフィスねこの手ブログをご覧ください

府中や三鷹など東京都でお得な無料出張によるクリーニングサービスを行なっているオフィスねこの手では、皆様のお役に立つブログを配信しております。お掃除やお片付けの新常識について、お掃除のエキスパートがご紹介しております。日々のお掃除のポイントや、プロに依頼する時の心得なども是非ご覧下さい。
自宅の掃除を他人に任せるのは、どうしても「罪悪感」が出てしまうという方もいらっしゃいます。しかし、水回りや頑固なキッチン汚れは、時間も手間もかかります。ハウスクリーニングのプロは、汚れ落としの知識がございます。まずは、任せてみるという第一歩を踏み出してみませんか?
オフィスねこの手はハウスクリーニングに対して、情熱とこだわりを持って満足の高いサービスをご提供しております。まずは、お電話または問い合わせフォームよりご相談下さい。

ごあいさつ

代表 山下 晴重
やました はるしげ

皆さま、初めまして。
当社オフィスねこの手の
代表 山下晴重と申します。
よろしくお願いいたします。

ハウスクリーニングに
どういったイメージをお持ちですか?
ご自分で落とせない汚れだけ
落としてさっさと帰る
お掃除屋さん、
と思われていませんか?

当社は、もしかしたら
アナタがこれまでに
ご利用された他社さんや
漠然とイメージをされていた
ハウスクリーニングとは、
全く異なるものかも知れません。

当社は、
いつでも安心な価格体系や
サービスの内容を
ご利用されるアナタのために
分かりやすさにこだわっています。

ご利用されるアナタに
分かりやすくなければ
意味がありません。
サービスの価値とは
お客様である、アナタのために
あるものです。


アナタのおウチのお掃除で
お困りな事は何でも
お気軽にご相談下さい。
どのような些細な事でも
親切・丁寧にお答えします。